2006-12-27

TOEIC履歴を振り返って

11月に受験したTOEIC IPのスコアシートが届きましたので、アップします。

Toeicip_score_0612_2


旧形式のため、スコア解析などはありません。

900越えの方から見れば、この程度のスコアはまだまだだと思われるかもしれませんが、自分としてはTOEICに一区切りつけることができました。

ここで、これまでのTOEICスコア履歴を振り返ってみます。プロフィールには2003年以降の経過を記載してきましたが、それ以前のものを含めて公開します。

わかりやすいように英語関係のイベントを挿入しています。

※"IP"は社内受験のTOEIC IPテスト、"100回"などは公開テストの回数。

Date        Test   L     R     Total
1999/4/7    IP      175   275   450

2000/3/13   IP      255   285   540

2000/9/18   IP      215   280   495

2000/12  2週間の海外出張で英語使用

2001/3/6    IP       310   305   615

2002頃 社内英会話クラス受講

2003頃 英絶方式に取り組むも挫折

2003/7/27   100回   275   325   600

2004/12 やりなおし英語学習を開始

2005/5  ブログ開設、英語上達完全マップに出会う

2005/5/12   IP        360   385   745

2005/9  K/Hシステム開始

2005/11/27  119回  430   325   755

2005/12/19  IP      380   420   800

2006/9/24   125回   390   445   835

2006/11/13  IP       425   445   870

まず、入社して初めて受けたTOEICですが、Listeningがかなり低いですね。その後は特に何もせずにLスコアが上がっているので形式への慣れの問題もあったのでしょう。

Readingに関しては2、3回目とスコアがあまり変わらないことから、慣れはあまり関係無かったようです。

こうやって見てみると、私は元々Rが高く、Lが低い傾向にあったようです。

その後、入社2年目の冬に2週間の海外出張があり、英語で現地のエンジニアと直接コミュニケーションしながら開発を進めなければならなかったため、かなり刺激になりました。

そのおかげか、2001/3のTOEICでは600を超えています。

その後、社内の英会話クラスを1年程度受講したのち、”英語は絶対勉強するな!”(略して”英絶”)の本を読み、それに従って細々ながら英語学習をしていました。

この方法は今にして思えばかなり無茶で、労力の割にはあまり報われないもので、結局挫折しました。

しかし、繰り返し同じCDを聞き込んだおかげで英語の音に慣れることができたという意味では、実は後になって役立ったのかもしれません。

1年ほどのブランクののち、やはり英語をものにしたいという思いで2004年末にやりなおし英語を開始しました。

このときにネットをいろいろさまよって、まずは発音をなんとかしなければいけない!ということに気づき、発音練習から始めたのが非常に良かったんだと思います。

そして、2005/5にこのブログを解説し、間もなく英語上達完全マップに出会い、これに従って英語学習を進めてきました。

2005/11の公開119回は少し変なスコアでしたが、それ以外は徐々にスコアが伸びてきているのがわかります。

500前後のスコアからでも、地道に努力を重ねていけば、独学でもここまで来れるということはひとまず証明できました。

私の英語のバックグラウンドについて述べると、中学では真面目にやっており、成績もそこそこでした。

しかし、高校に入ってからは理系ということで英語はあまり得意ではなかったし、決して好きな科目ではありませんでした。

ただし、2次の受験科目ではあったので、それなりにガリガリやって英文解釈教室という精読の参考書を仕上げたりはしていました。

これが自分の基盤となっていたことは間違いありません。

しかし、英語耳の松澤先生もおっしゃっているように、”英語は壮大な慣れ”ですから、基盤がどうであろうと、学習を続けていけば誰でも英語はできるようになるのだと思います。

肝心なのは”あきらめないこと”に尽きるのでしょう。

私自身、道半ばであることは承知していますが、区切りということでまとめてみました。

英語ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします。

| | コメント (5)

2006-11-23

[学習日記]TOEIC模試

2006/11/20-11/21  学習時間 計5.23h
(11月度累計 36.82h 目標 41.0h 進捗率 90%)

----------------------------
<K/Hシステム>
内容:やさしいビジネス英語 vol.1 Lesson7(復習)
時間:0.73h
<Be208>
内容:Chapter 1-3
時間:2.28h
<ボキャビル>
内容:新TOEIC TEST頻出1200語 UNIT9-19
時間:2.22h
----------------------------

今月初旬にTOEIC対策として、市販されている模試を解いてみましたので紹介します。

まず最初にやってみたのがこれです。

4876151199 新TOEIC TEST実力診断模試
エッセンス イングリッシュ スクール
語研  2006-04-08

by G-Tools

TOEICの模試といえば公式のものがありますが、2回分で約3千円だったので、コストパフォーマンスと、解説の詳しさからこちらを選びました。

解いてみた感想ですが、9月の公開テストと比較すると、全体的に語彙などのレベルが若干高めな印象を受けました。それと、リーディングのボリュームも多めです。

しかし、いろいろなレベルの問題が散りばめられている点は本番と似ており、模試としてはよくまとまっています。

また、それぞれの解答にレベル表示と選択肢の解答分布(選択率)が載っており、自分の誤答の傾向がわかって面白いです。

私の参考スコアは L 355  R 430  T 785 でした。やはりLが低めに出てますね。

この模試の第2弾が10月末に出ているようです。また、対策の必要性が出てきたらやってみたいと思います。

次に、同じ出版社から出ているこの模試をやってみました。

4876151369 新TOEIC TEST完全攻略模試
宮野 智靖 Dean W. Sotherden 木村 ゆみ
語研  2006-09-01

by G-Tools

これは3回分も入って\2,200でお得だなぁと思って買ったのですが・・・難しすぎました。

1回目のリスニングだけやってみましたが、あまりに難しくてボロボロに。

まず、使われている語彙レベルが本番のTOEICとはかけ離れており、さっぱり聴き取れません。

表紙に”最強の受験対策600問”と書かれおり、おそらく満点を狙うレベルの人向けなのでしょう。

テスト対策の域を超えて、勉強したい人にはいいかもしれません。もしくはTOEICなんて簡単すぎてつまらん、という人が腕試しのつもりでやってみるなど。

この2冊は新TOEIC向けなので、IP向けに数年前に購入した旧形式の模試をもう一冊解きました。全体の時間配分をつかむ点では、これはこれで役に立ちました。

私はリスニング対策(特にPart1,2)のつもりでやっていたんですが、出題形式に慣れる意味では効果があったと思います。

しかし、テスト対策だと勉強っぽくなってしまって、個人的にはあまり面白くなかったですね。せいぜいテスト前の1週間くらいにやるのが限度な気がします。

英語ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします。

| | コメント (5)

2006-11-14

[学習日記]TOEIC IP受けました

2006/11/10-11/12  学習時間 計10.7h
(11月度累計 27.08h 目標 41.0h 進捗率 66%)

----------------------------
<K/Hシステム>
内容:やさしいビジネス英語 vol.1 Lesson5(復習)
時間:0.65h
<ボキャビル>
内容:新TOEIC TEST頻出1200語 UNIT13-24
時間:2.31h
<その他>
内容:TOEIC模試
時間:7.74h
----------------------------

今日は社内で行なわれたTOEIC IPテストを受けてきました。

TOEIC IPは未だ新方式に切り替わっておらず、従来形式のままです。IPの新テスト導入は2007年度以降ということですから、切替は来年の4月以降ということになりますね。

まずは、本日の感想を。

----------------------------------------------------
Listening Section:
Part1は20問中1,2問迷う問題あり。

9月の公開テストで正解率が低かったPart2は、やはり30問中4,5問あやしかったが、予想よりはできた感触。

Part3は新方式と異なり、1問ずつに対し短めの会話文の形式。先読みも大体できたこともあり、まぁまぁ。

Part4の説明文問題では、1つ聞き取りがボロボロになったが、それ以外は大体聴き取れた印象。

通してみると、そんなにひどい出来では無かったけど、取りこぼしもまだまだあるなぁといったところでしょうか。まぁ自分の実力だと思います。

Reading Section:
読解問題であせるとケアレスミスしがちなので、今回はPart7から始めた。長文が少なかったおかげもあり、約35分で終了。以前見たことのある問題が2問ほどあった。

Part5の文法は、後半でやや迷う問題が2,3問あった。残り時間に余裕があったのでやや丁寧に解きつつ、約25分で終了。

新方式では消えてしまったPart6の誤文訂正問題は、15分程度残っていたので、じっくり時間をかけることができた。2問ほど悩む問題があったが、最後に残して解いてみたらなんとかわかった。

約5分残して全ての解答を終え、Part5の見直しをしているうちにテスト時間が終了しました。9月の公開テストよりは、余裕を持って取り組めた気がします。
----------------------------------------------------

学習記録を見ていただくとわかると思いますが、実は今回のTOEIC IPに向けて一週間程度、主に市販のTOEIC模試とその復習を通して、特にリスニングの対策を行ないました。

”テスト対策の勉強はしない”と言っていたのに、なぜ?と思われたかもしれませんが、幾つか理由がありました。

1つは、社内の英会話クラスを受講しようと考えており、そのクラス分けにTOEICスコアが使われるためです。私のスコアだと上級と中級の境界上なのですが、カリキュラム的に上級クラスを受けたいので、9月を上回るスコアが必要なのです。

もう1つは、前回の公開テストでリスニングスコアがリーディングと比較して低めだったこと。平均点を見てもわかるように、通常はリスニングがリーディングのスコアを上回ることが多いらしいのですが、私の場合は逆です。

スコア解析によると短文問題での取りこぼしが多かったため、リスニングスコアの伸びしろがあるかもしれないと考えたのです。

もちろん、9月の結果が単純に悔しかったということもありますが・・・。

今回の対策の効果があったかどうか、結果がわかるのはおそらく12月上旬くらいになるでしょう。もちろん、スコアはここで公開するつもりです。

英語ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします。

| | コメント (2)

2006-10-28

[学習日記]TOEIC第125回スコアシート解析

2006/10/21-10/27  学習時間 計9.76h
(10月度累計 39.76h 目標 35.0h 進捗率 114%)

----------------------------
<K/Hシステム>
内容:やさしいビジネス英語 vol.1 Lesson16(復習)
時間:0.80h
<Be208>
内容:Chapter 5-6
時間:4.37h
<ボキャビル>
内容:新TOEIC TEST頻出1200語 UNIT13-20
時間:4.60h
----------------------------

先週末は所用で外出しており、英語学習は土日とも休みました。またその疲れが残っていたのか、平日に帰宅後机に向かっても眠くなることが多く、あまり学習時間は取れていません。

さて、TOEIC第125回のスコアシートが郵送されてきましたので、公開します。

Toeic125_score


各項目の正答率は、ほぼ自己採点の結果で予測していた通りで、あまりサプライズはありませんでした。

リスニングは、短い会話問題、Part1,2だと思われますが、ほぼ平均点しか取れていません。

これに対し、長めの会話問題、こちらはPart3,4でしょうが、平均を上回っています。

これらから言えることは、問題文の先読みでこれから話される内容がある程度予測できれば聞き取れるが、何も情報が無い状態で、いきなり流れてくる音声に対しての反応力が弱いということです。

これはK/Hシステムでやさビジに取り組んでいることと関係があるかもしれません。やさビジは長めの会話で、一つのトピックに対し、約5、6分間、会話が続きます。

リスニングの弱点はわかりましたので、今後対策をしていくつもりです。

リーディングでは、具体的な情報を拾い出してくることは得意なようです。また、文法は文法トレーニングをみっちりやった成果が出ていると言えます。

比較すると、語彙が弱いとなっていますが、自己採点で何問か落としていたのがわかっていたので、そのせいだと思われます。これに関しては、現在ボキャビルトレーニングで強化中です。

ただ、今回の解析とは関係ありませんが、私が少し不安に感じているのは単語よりもイディオムに弱いということです。頻出のイディオムに関してもいずれボキャビルに取り組む必要がありそうです。

このように項目ごとに正答率を出してくれると、自分の弱点が明確化されて、トレーニング計画が立てやすくなっていいですね。

以前のスコアのみの表示と比較すると、英語学習のペースメーカーとしてのTOEICの価値が高まったと思います。

英語ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします。

| | コメント (7)

2006-10-18

第125回(2006/9/24) TOEICスコア

TOEIC 第125回のスコアがネットで公開されました。

-> Listening 390  Reading 445  Total 835

Toei_125th_score_net_1

とりあえず前回よりは上がり、Totalとしても自己最高だったものの、今年末の目標860点には届きませんでした。

前回との比較をしてみます。

2005/12 TOEIC IPと比較

Listening +10  Reading  +25  Total +35

2005/11 TOEIC(119回)と比較 

Listening -40  Reading +120  Total +80

12月のTOEIC IPと比較すると、L/Rともわずかですがアップしています。

119回に対してはLが下がっていますが、このときのスコアは実力ではなく単にまぐれだったと考えているので余り気にしていません。

あわよくば目標スコアをクリアできたかも・・・という淡い期待を抱いていたため、スコアを見た瞬間、正直言って少しがっくりきました。

しかし、落ち着いて考えてみると、やはりこれが今の私の実力なんでしょう。

後日、紙のスコアシートが送られてくれば、どの辺りが弱かったのかわかるはずですが、LのPart2がボロボロだったのがかなり響いているはずです。

実は、試験当日に帰ってきてからネット上に出回っていた模範解答?と記憶を頼りに正答率をざっと出してみたところ、Rが9割前後、Lが7~8割程度でした。

スコアは、ざっくりと495×正答率で見積もれるとの風説からすると、まさに自分のスコアは偶然にもピタリと当てはまっています。(もちろん、本当のスコアは標準偏差を使用して算出されているはずですが)

詳細な解析はスコアシートを元に行なうつもりですが、Listeningが弱いことは実感できましたので、また新たな課題を設定しようと考えています。

英語ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします。

| | コメント (5)

2006-09-24

[学習日記]第125回TOEICの感想

2006/9/17-9/24  学習時間 計13.65h
(9月度累計 21.23h 目標 24.5h 進捗率 87%)

----------------------------
<K/Hシステム>
内容:やさしいビジネス英語 vol.1 Lesson13-14(復習)
時間:2.59h
<文法>
内容:シリウス P.10-p.247(ミスチェック)
時間:2.58h
<Be208>
内容:Chapter1, 2
時間:3.00h
<ボキャビル>
内容:DUO、新TOEIC TEST頻出1200語
時間:2.98h
<多読>
内容:Return to Del (Deltora Quest)
時間:2.50h
----------------------------

TOEICを受けてきました。

公開テストは昨年の11月以来だったため、約10ヶ月ぶりでした。

感想としては、課題は残ったものの手ごたえはそれなりにあった、というところでしょうか。

リニューアルについては、それほど違和感は感じませんでした。

ただ、リーディングの分量が増えたのでしょうか。最初から時間配分を気にして、ペースを上げて解いていったにも関わらず、終了2分前のギリギリで解き終わりました。

後述しますが、前回の時点よりはリーディングのスピードが上がっていたので、もう少し時間を余らせて終えられるかと思っていたのですが・・・。

各パート毎の感想を詳細に書いてみます。

Listening Section

Part1:2、3問聞き取りがあやしく、解答に迷った。

Part2:もともとこのパートは得意ではないのだが、質問文が耳に引っかからない問題が結構あった。4ヶ国語の発音のせいもあったのだろうか。

Part3:前回はできなかった問題文の先読みがほぼできた。聞き落としも多少あったが、手ごたえはあり。

Part4:Part3と同様に、問題文の先読みができたため、聞き取りも楽だった。最後の数問は、回答文が長めで先読みが苦しかったが、なんとか間に合った。

Reading Section

解いた順序は問題の並びの通り。

Part5:最初の方は迷いも少なくテンポよく進めた。ページをめくって後半に入ってから数問迷う問題があった。20分強かかった。ただ、ここでもう少し時間を短縮できたと思う。

Part6:E-mailの穴埋めだったが、これは一通り最後まで読んでから解答したほうがよかったかもしれない。問題のたびに解答して、最後まで読んで修正するということが何回かあったため。10分弱。

Part7:ここで残り45分。ざっと全体の問題量を見積もって、ちょっと厳しそうな予感がしたため、さらにペースを上げる。読み解き自体は引っかかることも少なく順調だったが、残り時間を見ながら更にあせる。

2つの文書形式の問題に入ったときに残り20分弱。それぞれ設問が5問ずつあり、分量も多いので間に合わないかもしれない気がした。しかし、2つの文書といっても、話としては繋がっていることと、内容自体は易しかったので予想より早く読み解けた。といっても最後のページで残り5分だったため、一息つけたのは終わってからだった。

--------------

Listeningでは、Part3,4の問題文先読みが初めてうまくいったため、リーディング力が上がったことを実感しました。また、長めの文でもついていけることが実感として多かったため、聞き取り力もアップしていると思います。

しかし、Part2で予想以上に聞き逃した原因は、質問文のバリエーションが身についていないため、何もヒントが無いところで聞き取る瞬発力が欠けているのでしょう。これは今後の課題です。

Readingは、前回より力がついた実感がありましたが、もっと余裕を持って終わらせられるよう更に読むスピードを上げていかねばなりません。それには、ボキャブラリーの増強と多読を増やしていくつもりです。

それなりに手ごたえがあったため、スコアを早く知りたい気もしますが、逆に少し恐い気もします。せめて前回より下がってなければ・・・。

ネット経由で申し込んだので3週間くらいで結果が出ます。今回からは項目別の正答率もわかるので楽しみです。

英語ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006-01-19

TOEIC IP(2005/12)スコア

12月に会社で受験したTOEIC IPの結果が出ました。
-> Listening 380  Reading 420  Total 800

TOEICIP_score_0512_2


自己ベストの800点ということで、嬉しい反面少し複雑な気持ちになりました。

それは、わずか2週間前の11月末に受験した第119回 TOEICとの差です。()内はそのスコア。
-> Listening -50(430)  Reading +95(325)  Total +45(755)

Listeningは、今回は集中力が切れてしまったせいもあり、あまりできた気がしなかったので-50点はまだ納得できます。

ただReadingの95点差というのはどうなんでしょう?たしかに119回のときは、時間配分をミスって最後まで解ききれずに7問ほど残してしまいました。そのため今回は長文にかける時間を増やすことを心がけ、なんとか最後まで解けました。

よって多少スコアが上がるならわかりますが、差がありすぎます。ちなみにTOEICの公式サイトには以下のような記述があります。

「評価の基準は常に一定であり、受験者の能力に変化がない限りスコアも一定に保たれます。これにより受験者は正確に現在の英語能力を把握できたり、目標とするスコアを設定することが可能です。」(原文のまま)

これはどの回を受けても、能力が一定ならスコアは一定という意味ですから、公開テストとIPの間にも当てはまるはずです。

私は2週間しか空けずに連続で受験したので、能力にそれほど変化があったとは考えにくく、これは必ずしも当てはまらないんじゃないかなぁという気がしますね。”一定のスコア”がどの程度を指すのかわかりませんが、もしかして±50点くらいの幅があるのでしょうか。

ちなみに昨年の5月に受けたTOEIC IPとの比較ではこのようになります。()内は前回のスコア。
-> Listening +20 (360)  Reading +35 (385)  Total +55(745)

こう見ると、まぁ順当のような気もしますが・・・。

私の結論としては、10点、20点の細かいスコアの違いを気にしてもしょうがなく、Total Scoreで700点台、800点台、900点台というように大雑把にとらえておいた方がいいのかなということです。

あるいは安定したスコアが出ないうちは、まだ実力が確かなものになっていないということかもしれません。今年の目標としてL/R共に400点以上取れるようになりたいと思います。

英語ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005-12-24

[学習日記]TOEIC119回の結果

2005/12/23 学習時間 計4.25h
----------------------------
<瞬間英作文 ステージ2>
内容:やっぱり英作文 Lesson12-14 (seg.7) 9-10周目
           Lesson15 (seg.8) 1周目
時間:2.25h
<K/Hシステム>
内容:やさしいビジネス英語 vol.1 Lesson5-1-4
時間:2.0h
----------------------------

第119回 TOEICの結果が返ってきました。
-> Listening 430  Reading 325  Total 755

5月に受けたTOEIC IPとの比較です。
-> Listening +70 (360)  Reading -60 (385)  Total +10
※()は前回の点数

TOEIC_score_119_5

一言で言って複雑な結果となりました。

リスニングはできた感触がなかったにも関わらず、70点の大幅アップ。反対にリーディングは前回から60点も下がってしまいました。合計するとわずかに10点アップということで、今年末の目標をなんとかクリア。

リスニングに関しては、音読パッケージなどのトレーニングを続けてきた結果が出たとも言えますが、試験の際に自分自身でよく聞き取れた!という実感がなかったので、なんだか不思議な気持ちです。

リーディングは、ボキャビルマラソンや半年間のトレーニングで語彙は増えていることは間違いなく、リーディングのスピードや理解力は確実に上がっているはずです。しかし、結果はダウン。時間配分でミスし、長文で2問(問題数で7つ)残してしまったのが効いているのかもしれませんが・・・。

先日会社で受験したTOEIC IPの結果が出たら、また今回の結果と比較してみますが、各セクションで±50程度の誤差はあるのでは?と思ってしまいます。それだけ、まだ自分の力が不安定ということでもあるのでしょう。

TOEICのリスニングで8割がた意味がつかめるようになり、リーディングで10分以上時間が余って、「TOEIC難しくないね」と思えるレベルに達したいですが、これはスコアでいうとどの程度になるんでしょう?

そのレベルまではまだまだ程遠そうなので、これまで通りのトレーニングを地道に続けていこうと思います。

英語ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005-12-20

[学習日記]TOEIC IPの感想

2005/12/19 学習時間 計0.5h
----------------------------
<瞬間英作文 ステージ2>
内容:やっぱり英作文 Lesson12-14 (seg.7) 4-5周目
時間:0.25h
<K/Hシステム>
内容:やさしいビジネス英語 vol.1 Lesson5-1,2
時間:0.25h
----------------------------
2005/12/18 学習時間 計2.75h
----------------------------
<瞬間英作文 ステージ2>
内容:やっぱり英作文 Lesson12-14 (seg.7) 4-5周目
時間:0.75h
<K/Hシステム>
内容:やさしいビジネス英語 vol.1 Lesson5-1,2
時間:2.0h
----------------------------

TOEIC IPを昨日、会社で受けました。

リスニングは集中力が途切れてしまったのと、実力不足で聞き取れない部分が多発。Part1でも何問か落としたかもしれません。Part3で何問か連続で聞き取れて、おおっと思う場面もありましたが、Part4ではほとんど撃沈しました。

当たり前かもしれませんが、聞き取れるときはそれほど集中していなくても、スッと頭にイメージが浮かんできます。しかし聞き取れないときは音が耳を素通りするだけです。実力のなさを実感しました。

リーディングは前回の教訓を生かして、Part5,6はとにかく早く進むことに専念しました。おかげでPart7に45分程度時間をかけることができ、なんとか最後まで解けました。しかし、あまった時間は3分くらいです。

Part5,6は一回読んで正解はこれかな?と思ったら、迷わずサッとマークして次に進まないと今の自分の力では時間が足りなくなってしまうようです。リーディングは、まぁまぁ手ごたえを感じたのですが、果たして結果はどうでしょう。

もうそろそろ先月のTOEICの結果が返ってくるころなので、またここで点数を報告します。今回のTOEIC IPの発表は年明けになるようです。

英語ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005-12-18

[学習日記]TOEIC変更の内容とは

2005/12/17 学習時間 計1.0h
----------------------------
<瞬間英作文 ステージ2>
内容:やっぱり英作文 Lesson12-14 (seg.7) 4周目
時間:0.75h
<K/Hシステム>
内容:やさしいビジネス英語 vol.1 Lesson5-1,2
時間:0.25h
----------------------------
2005/12/16 学習時間 計2.0h
----------------------------
<瞬間英作文 ステージ2>
内容:やっぱり英作文 Lesson12-14 (seg.7) 2-3周目
時間:1.0h
<K/Hシステム>

内容:やさしいビジネス英語 vol.1 Lesson5-1,2
時間:1.0h
----------------------------
2005/12/15 学習時間 計0.75h
----------------------------
<瞬間英作文 ステージ2>
内容:やっぱり英作文 Lesson12,13 (seg.7) 2周目
時間:0.75h
----------------------------

昨日は友人宅で忘年会があり、鍋を囲んで昼から飲んでいました。そこそこ盛り上がり楽しかったんですが、帰ってきて胃のあたりが気持ち悪くなってしまい10時頃寝ました。お酒の量はそれほどじゃなかったので、単に食べすぎたかもしれません・・・。

忘れていましたが、明日はTOEIC IPを会社で受けます。3週間前にTOEIC本試験を受けたばかりですが、短期間でTOEICを受けたら近いスコアが出るのか?という実験の意味合いもあります。

前回は時間配分でミスったので、明日は最後まで解けきるよう気をつけてみます。

TOEICの問題形式が来年から変わるということが話題になっていますが、先日から取り始めたICCのメールマガジンに詳細な情報が載っていました。バックナンバーは最新号のみということなので、今なら見れると思います。

要約すると、テスト内容が難しくなるようです。テストのための小手先の対策が効かないようにするのが目的とも書かれています。当然の成り行きかもしれません。実践的な英語力をテストするはずが、テスト対策で点が取れてしまうようでは意味が無いわけですから。

ただしTOEICのスコアは偏差値のようなものですから、難しくなってもスコアは変わらないはずとのことです。

ちなみにTOEICのサイトによると、WritingとSpeakinのテストは開発中であるものの、来年からのテスト内容の変更には盛り込まれないようです。

英語ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧