« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006-12-31

[学習計画]2006年度まとめ

本日で2006年も終わりですので、今月度と今年の学習状況をまとめます。来年の学習方針については、年明けに行います。

まず、12月度(12/1 - 12/31)の学習状況と進捗チェックです。

2006年12月度学習状況

総学習時間     27.65h (目標44.5h 達成率62%)
(内訳)
リスニング       4.10h  (目標17.0h 達成率24%)
ビジネス英語    11.25h (目標12.0h 達成率94%)
ボキャビル       12.30h (目標17.5h 達成率70%)

平均学習時間
平日 1.37h(14日)(目標1.5h)
休日 2.13h(4日) (目標3.5h)

今月は、少し仕事が忙しかったことに加え、プライベートでもいろいろな出来事があり、学習できた日が少なく、学習時間は目標の6割にとどまりました。また、モチベーションがやや低下してしまったこともあります。

次に学習内容です。

リスニングはやさビジvol.1の復習を、Lesson12~最後まで終わらせました。
ビジネス英語はPCソフトで復習を行ない、ひとまず完了しました。その後、英会話ペラペラビジネス100に取り組みました。
ボキャビルはTOEIC TEST頻出1200語(8000語レベル)の全体のサイクル回しを行ない、完了しました。それからTOEIC TEST必修1200語(1万語レベル)のUNIT1-4まで進みました。

2006年度学習状況

総学習時間   500.2h
平均学習時間  41.7h/month

年間の学習時間としては、特に目標を決めていませんでしたが、500時間という区切りを超えることができました。

次に、年頭に立てた目標の達成度をそれぞれチェックします。

・K/Hシステム(音読)
 目標:やさしいビジネス英語vol.1を7月までに終わらせる。その後、vol.2に入る。
 結果:やさビジはvol.1の復習を12月まで重点的に行ないました。vol.2には入っていません。

・瞬間英作文

 目標:やっぱり英作文を3月までに終わらせる。Be208を8月から始める。
 結果:やっぱり英作文は2月に完了。Be208は9月~12月で完了。

・文法
 目標:シリウスジュニア(旺文社)を4月から7月までの間に終わらせる。
 結果:シリウスジュニアは2月~4月で完了。その後、シリウスを8月までかけて完了。

・英会話
 目標:アウトプットの実践練習として、英会話を何らかの形で始める。始める時期は夏~秋から。
 結果:社内英会話クラスの受講を決定。年明けより開講(週一回)。

・TOEIC
 目標:6月に800点、年末に860点を目標とする。
 結果:9月に835点、11月に870点を取得。

上記の目標以外としては、ボキャビルトレーニングに取り組み、DUO3.0(6千語レベル)、TOEIC TEST頻出1200語(8千語レベル)を完了しました。

全体としては、途中で多少の修正はあったものの、ほぼ年始に立てた目標をクリアできました。また、TOEICスコアという形で結果が出せたことはとても嬉しかったです。

もちろんスコアだけではなく、読む、聞くという面での英語力がアップした実感はかなりあります。

数年レベルの長期目標、1年レベルの中期目標、毎月の短期目標を立てて、それにしたがってトレーニングを進めていけば自ずと実力はつくのですね。身を持って体験できました。

また、目標の達成にあたり、ブログという媒体でコミットメントすることが大きな助けとなったことは間違いありません。

このブログを読んでくださっているみなさんに感謝いたします。今年一年、どうもありがとうございました。

英語ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします。

| | コメント (2)

2006-12-27

TOEIC履歴を振り返って

11月に受験したTOEIC IPのスコアシートが届きましたので、アップします。

Toeicip_score_0612_2


旧形式のため、スコア解析などはありません。

900越えの方から見れば、この程度のスコアはまだまだだと思われるかもしれませんが、自分としてはTOEICに一区切りつけることができました。

ここで、これまでのTOEICスコア履歴を振り返ってみます。プロフィールには2003年以降の経過を記載してきましたが、それ以前のものを含めて公開します。

わかりやすいように英語関係のイベントを挿入しています。

※"IP"は社内受験のTOEIC IPテスト、"100回"などは公開テストの回数。

Date        Test   L     R     Total
1999/4/7    IP      175   275   450

2000/3/13   IP      255   285   540

2000/9/18   IP      215   280   495

2000/12  2週間の海外出張で英語使用

2001/3/6    IP       310   305   615

2002頃 社内英会話クラス受講

2003頃 英絶方式に取り組むも挫折

2003/7/27   100回   275   325   600

2004/12 やりなおし英語学習を開始

2005/5  ブログ開設、英語上達完全マップに出会う

2005/5/12   IP        360   385   745

2005/9  K/Hシステム開始

2005/11/27  119回  430   325   755

2005/12/19  IP      380   420   800

2006/9/24   125回   390   445   835

2006/11/13  IP       425   445   870

まず、入社して初めて受けたTOEICですが、Listeningがかなり低いですね。その後は特に何もせずにLスコアが上がっているので形式への慣れの問題もあったのでしょう。

Readingに関しては2、3回目とスコアがあまり変わらないことから、慣れはあまり関係無かったようです。

こうやって見てみると、私は元々Rが高く、Lが低い傾向にあったようです。

その後、入社2年目の冬に2週間の海外出張があり、英語で現地のエンジニアと直接コミュニケーションしながら開発を進めなければならなかったため、かなり刺激になりました。

そのおかげか、2001/3のTOEICでは600を超えています。

その後、社内の英会話クラスを1年程度受講したのち、”英語は絶対勉強するな!”(略して”英絶”)の本を読み、それに従って細々ながら英語学習をしていました。

この方法は今にして思えばかなり無茶で、労力の割にはあまり報われないもので、結局挫折しました。

しかし、繰り返し同じCDを聞き込んだおかげで英語の音に慣れることができたという意味では、実は後になって役立ったのかもしれません。

1年ほどのブランクののち、やはり英語をものにしたいという思いで2004年末にやりなおし英語を開始しました。

このときにネットをいろいろさまよって、まずは発音をなんとかしなければいけない!ということに気づき、発音練習から始めたのが非常に良かったんだと思います。

そして、2005/5にこのブログを解説し、間もなく英語上達完全マップに出会い、これに従って英語学習を進めてきました。

2005/11の公開119回は少し変なスコアでしたが、それ以外は徐々にスコアが伸びてきているのがわかります。

500前後のスコアからでも、地道に努力を重ねていけば、独学でもここまで来れるということはひとまず証明できました。

私の英語のバックグラウンドについて述べると、中学では真面目にやっており、成績もそこそこでした。

しかし、高校に入ってからは理系ということで英語はあまり得意ではなかったし、決して好きな科目ではありませんでした。

ただし、2次の受験科目ではあったので、それなりにガリガリやって英文解釈教室という精読の参考書を仕上げたりはしていました。

これが自分の基盤となっていたことは間違いありません。

しかし、英語耳の松澤先生もおっしゃっているように、”英語は壮大な慣れ”ですから、基盤がどうであろうと、学習を続けていけば誰でも英語はできるようになるのだと思います。

肝心なのは”あきらめないこと”に尽きるのでしょう。

私自身、道半ばであることは承知していますが、区切りということでまとめてみました。

英語ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします。

| | コメント (5)

2006-12-24

tuesdays with Morrie

年老いた教授の人生最後の授業は週に一回、彼の家の書斎の窓の傍で行なわれた。そこにはピンクの葉を落とした小さなハイビスカスがあった。授業は火曜日の朝食後に始まる。テーマは”人生の意味”について。彼の経験を通して得られたものだった。

076790592X Tuesdays With Morrie: An Old Man, a Young Man,
and Life's Greatest Lesson

Mitch Albom
Broadway Books  2002-10-08

by G-Tools

ノンフィクションで、邦題は”モリー先生との火曜日”。192ページで総語数35,799。英語多読完全ブックガイドでのYL(読みやすさレベル)5.0-6.0。

この本はかなりのベストセラーで、31ヶ国語で36の地域で出版されているそうです。

実は私がこの本を読むのは2回目で、1回目は2年前に英語学習に本格的に取り組み始めた頃でした

当時は、今ほどの英語力が無かったため、かなりの部分を飛ばし読みをしながらなんとか読みきったのですが、それでもいい本だなぁと思いました。

これまで、同じ洋書を繰り返し読むことはしていなかったのですが、この本に関しては消化不良の気がしていたこともあり、再び手にとってみたのです。

もちろん100%とはいきませんが、初回と比べるとかなり理解度が上がっていました。そして内容に没頭してじっくり味わうことができました。

内容自体は文句無く素晴らしい。特に30代から40代にかけての人が読むと、非常に考えさせられるというか、気づかされることが多いのではないでしょうか。

人生の目的って何だろう、本当に大切なことって何だろう・・・。そんな疑問に対するヒントを与えてくれる気がしました。

シンプルな言い回しなんだけど、意味は奥深い。そんな文章がたくさんつまっています。微妙なニュアンスを含めて原文のまま味わえるのが、英語学習のご褒美なんだなと感じられる一冊です。

現在の多読語数:789,325words

英語ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします。

| | コメント (4)

2006-12-20

[学習日記]TOEIC IPスコア

2006/12/16-12/18  学習時間 計3.13h
(12月度累計 19.67h 目標 46.5h 進捗率 42%)

----------------------------
<ビジネス英語>
内容:英会話ペラペラビジネス100
時間:1.33h
<ボキャビル>
内容:新TOEIC TEST必修1200語 Lesson1-2
時間:1.80h
----------------------------

遅くなりましたが、11月に受験したTOEIC IPの結果がわかりました。

2006/11/13 TOEIC IP
-> Listening 425  Reading 445  Total 870

今年末の目標として掲げていた860点をなんとかクリアできました!

まず、前回との比較をしてみます。

2006/9/24 TOEIC(125回)と比較
Listening +35 (390)  Reading ±0
(445)  Total +35 (835)

Rは前回と全く変わりませんが、Lは直前の一週間に集中的に聞き込みをしたおかげか、35点アップです。

依然としてRに比べてLが弱いという傾向はありますが、とりあえずレベルAとされる860を超えることができました。

また、社内規定の英語レベルでもAを取ることができたので、正直ほっとしています。

企業で働く身として、海外赴任なり何かしら英語を使う仕事のチャンスが巡ってきた場合に、それをつかめるかどうかという点で一定のアピールにはなると思うからです。

もちろん、名ばかりで中身が伴っていないということにならないよう、真に実践的な力をこれからつけていく必要があることはわかっていますが。

これで完全にTOEIC卒業とまではいきませんが、英語の基礎力をつけるという段階はそろそろ終わりに近づいてきたかなという気がしています。

今まではこれと決めた参考書を繰り返し刷り込むというスタイルでした。

しかし今後は、培ってきた英語力を元に、ニュースや映画、ドラマなどいわゆる生の英語に触れる機会を多くしていき、かつ一定のアウトプットを心がけるスタイルにシフトしていくつもりです。

なお、スコアシートはまだ手元に来ていませんので、届き次第アップします。

英語ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします。

| | コメント (4)

2006-12-15

英会話クラスのインタビュー

今週は連日、仕事で帰りが遅くなったため自宅での英語学習はほとんどできていません。

今日は社内の英会話クラス受講のためのインタビューがありましたので、その感想を書きます。

インタビューの担当は、20代後半くらいのソフトな顔立ちの若い白人男性。ただ、この方はあくまでもインタビューだけで、クラスを担当するわけではないとのこと。

英会話自体が本当に久しぶりのことでしたので、最初はかなり緊張していました。

軽く挨拶を交わし、渡された用紙に名前とTOEICスコアを書き、軽く雑談。少し緊張していると言ったら、"Relax, relax."と優しく言われました。

それから、インタビュー本番です。ビデオカメラを回し始め、最初は"Industry"について話してみてと言われ、自分の業界について説明しました。

これはそれなりに言葉が出てきました。途中で同じ業界の他社の話になったところで、彼が自宅の近くで知ってると言い、私の実家とも近かったのでその話題で少し盛り上がりました。

次の話題として"Culture"について話すように言われ、少し戸惑いました。難しいと言ったところ、幅広いけどなんでも良いから好きなことを話してみてとのこと。

ちょうど昨日、Cross cultural communicationのセミナーを受けたばかりだったので、半分受け売りでその内容について話しました。

そんなこんなでインタビューが終了し、彼が感想を言ってくれました。

・ボキャブラリーは豊富だね
・話すのがちょっと遅いけど、内容はよい(?)
・聞き取りはOKそうだ

大体聞き取れていたよね?と聞かれたので、正直に、あなたの言っていることはわかったと答えました。

それから、CNNとかのニュース英語はどれくらいわかる?と聞かれたので勢いで50%と答えたら、すごい!と言われましたが、よく考えたら50%でも言いすぎだったかもしれません。

全部で20分くらいでした。

さて、私の感想ですが、インタビュアーの感想とほぼ同じです。

彼の発音にクセが無く、たぶんゆっくり目に話してくれたとは思いますが、聞き取りがスムーズだったのは自分でも嬉しかったです。聞き返したのは1、2回でした。

ただ、自分が話すという点では完全にスムーズさに欠けていました。実際に口をついて出てくる構文のストックが無いことを痛感させられました。

自分でこれが言いたい!と思ったときに、どのような表現を使うのかということについては、瞬間英作文だけでは不足していて、自分のオリジナルの考えを表現する練習、例えば日記や雑記を英語で書くといったアウトプットの練習を取り入れていく必要があるのかなと感じました。

英語ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします。

| | コメント (4)

2006-12-11

[学習日記]英会話ペラペラビジネス100

2006/12/5-12/10  学習時間 計7.91h
(12月度累計 16.53h 目標 46.5h 進捗率 36%)

----------------------------
<リスニング>
内容:やさしいビジネス英語 vol.1 Lesson15-17(復習)
時間:1.45h
<ビジネス英語>
内容:Be208、英会話ペラペラビジネス100
時間:2.67h
<ボキャビル>
内容:TOEIC TEST頻出1200語 全体サイクル回し
   新TOEIC TEST必修1200語 Lesson1-4
時間:3.80h
----------------------------

前回、次に取り組む教材を何にしようか迷っていると書きましたが、これに決めました。

4757405804 英会話ペラペラビジネス100
- ビジネスコミュニケーションを成功させる
知的な大人の会話術 [CD2枚付]

スティーブ ソレイシィ ロビン ソレイシィ
アルク  2002-03-16

by G-Tools

本当は手持ちの教材から選ぼうと考えていたのですが、何気なく寄った本屋でたまたま手に取ってパラパラ立ち読みをしたところ、「これだ!」と直感的に決めました。

この著者の別な本”英会話なるほどフレーズ100”は持っており、そのわかりやすさは以前から知っていました。そのビジネス版で、いわゆる実践的な英会話フレーズの習得を主眼としています。

方向性としてはBe208と同様であり、当然同じフレーズも多く取り上げられています。

ただしBe208が電話応対、ライティングなど使用されるシーン毎の構成であるのに対し、こちらは会話する相手との親密度(初対面、顔見知り、同僚など)の構成となっています。

どちらがいいというよりは、補完しあう関係です。

とにかく言いたいことを、なるべく平易な、お決まりのフレーズを用いて伝えられるようになる。その主張には賛成です。

ただ、この本の中で著者は、いわゆる日本の”ビジネス英会話”を批判しており、おそらく”やさビジ”もそれに含まれるのでしょう。

著者いわく、そのような高尚なビジ英をいくらやっても話せるようにはならないとのことで、それもたしかに的を得ています。

しかし、私自身、”やさビジ”をやってしゃべれるようになるとは思っておらず、むしろ音読教材として繰り返し行ない、英語の語感を磨くには最適だと思ってやっていましたし、たしかに効果は大いにありました。

どちらも目的を間違えずに使っていけばいい、それだけのことだと思います。

このペラペラビジネス100(略してペラビジ)は、懐かしの赤シートで英文が隠せるので、瞬間英作文に最適です。日本語のイメージから即座に英文が出てこなければ、実際の場面で使いこせるようにはならないですからね。

まずは音読して1周したので、これを何周か繰り返して軽く刷り込んでから、瞬間英作文のアプローチで取り組んでいく予定です。

英語ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします。

| | コメント (2)

2006-12-07

[学習日記]最近の学習状況

2006/11/27-12/4  学習時間 計7.07h
(12月度累計 8.62h 目標 46.5h 進捗率 19%)

----------------------------
<リスニング>
内容:やさしいビジネス英語 vol.1 Lesson11-14(復習)
時間:2.31h
<Be208>
内容:全体サイクル回し
時間:7.56h
<ボキャビル>
内容:新TOEIC TEST頻出1200語 全体サイクル回し
時間:4.33h
----------------------------

(5日に記事を更新しようとしたのですが、ココログがメンテナンスに入っていることをすっかり忘れていました。ようやく本日、メンテがあけたので更新するはずだった記事をアップします。)

12月に入ってグッと寒くなってきましたね。北の方では大雪だとか。私も今朝、今シーズン初めてフロントガラスが凍りました。

英語学習は、Be208と頻出1200語が全体のサイクル回しに入り、終わりが見えてきました。またリスニングのやさビジもあと3レッスンで3周目が完了します。

頻出1200語の次は1万語レベルの必修1200語に決めているのですが、Be208とやさビジの後は何に取り組むかまだ決めていません。

リスニングはいくつか教材を買い込んでいるので、その中からどれを選ぶか迷っているところです。

Be208の後はまた瞬間英作文に戻るかどうか、それともしばらくお休みして、ボキャビルとリスニングの2本立てでもいいかなと思っています。

それと、社内の英会話クラスは来週中に講師のインタビューが決まりました。実際に会話するのは本当に久しぶりなので、少しワクワクしつつも不安もあります。

おそらく、このペースだと開講は年明けということになりそうです。

年末が近づいてきて、少し気持ちが浮き足立っているのですが、いい形で新年を迎えられるよう、仕事も英語学習もしっかりやっていきたいと思います。

英語ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします。

| | コメント (4)

2006-12-01

[学習計画]2006年12月度

11月度(11/1 - 11/30)の学習状況と進捗チェックです。

2006年11月度学習状況

総学習時間     49.50h (目標41h 達成率121%)
(内訳)
K/Hシステム     5.50h  (目標9h 達成率61%)
Be208        12.53h (目標17h 達成率74%)
ボキャビル      15.93h (目標14h 達成率114%)
TOEIC模試      15.53h (目標-h 達成率-%)

平均学習時間
平日 1.63h(18日)(目標1.5h)
休日 4.03h(5日) (目標3.5h)

11月も行事が多かったため学習時間は少なめに計画していましたが、オーバー達成することができました。今月は帰宅時間が早い日が多かったため、平日に学習時間が多くとれたことも寄与しました。

次に学習内容です。

K/Hシステムはやさビジvol.1の復習を、速聴を取り入れながらLesson1~11まで進めました。
Be208は全体のサイクル回しを行い、定着度を深めました。
ボキャビルはTOEIC TEST頻出1200語(8000語レベル)を最後まで進め、全体のサイクル回しを2周しました。
その他にTOEICのリスニング対策として模試を解き、復習を行ないました。その関係で、K/H、Be208の達成率が悪くなっています。

2006年12月度の計画 (12/1 - 12/31)

<学習時間>
平日:1.5時間×18日=27.0時間
休日:3.5時間×5日 =17.5時間
合計 44.5時間

<学習内容>
リスニング    :17時間 (決定版やさしいビジネス英語Vol.1)
Be208      :10時間 
ボキャビル    :17.5時間 (TOEIC TEST頻出1200語、必修1200語)

今月は前月と比べて予定は少ないのですが、師走で何かと忙しくなりそうですので、やや控えめな計画にしました。

リスニングはやさビジvol.1の復習を継続します。ただし残り6Lessonですので、終わったら別の教材に取り組むつもりです。
Be208は全体のサイクル回しを引き続き行い、今月中に終了する予定です。
ボキャビルはTOEIC TEST頻出1200語の全体サイクル回しを行い、定着度を見て、次の必修1200語(1万語レベル)に入ります。

また、今月中に社内の英会話クラスが始まるかもしれません。まずレベルチェックが中旬にあるようです。

早いもので今年も残り1ヶ月となりました。1年の締めくくりですので、気を引き締めて頑張っていきます。

英語ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします。

| | コメント (6)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »