« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006-10-28

[学習日記]TOEIC第125回スコアシート解析

2006/10/21-10/27  学習時間 計9.76h
(10月度累計 39.76h 目標 35.0h 進捗率 114%)

----------------------------
<K/Hシステム>
内容:やさしいビジネス英語 vol.1 Lesson16(復習)
時間:0.80h
<Be208>
内容:Chapter 5-6
時間:4.37h
<ボキャビル>
内容:新TOEIC TEST頻出1200語 UNIT13-20
時間:4.60h
----------------------------

先週末は所用で外出しており、英語学習は土日とも休みました。またその疲れが残っていたのか、平日に帰宅後机に向かっても眠くなることが多く、あまり学習時間は取れていません。

さて、TOEIC第125回のスコアシートが郵送されてきましたので、公開します。

Toeic125_score


各項目の正答率は、ほぼ自己採点の結果で予測していた通りで、あまりサプライズはありませんでした。

リスニングは、短い会話問題、Part1,2だと思われますが、ほぼ平均点しか取れていません。

これに対し、長めの会話問題、こちらはPart3,4でしょうが、平均を上回っています。

これらから言えることは、問題文の先読みでこれから話される内容がある程度予測できれば聞き取れるが、何も情報が無い状態で、いきなり流れてくる音声に対しての反応力が弱いということです。

これはK/Hシステムでやさビジに取り組んでいることと関係があるかもしれません。やさビジは長めの会話で、一つのトピックに対し、約5、6分間、会話が続きます。

リスニングの弱点はわかりましたので、今後対策をしていくつもりです。

リーディングでは、具体的な情報を拾い出してくることは得意なようです。また、文法は文法トレーニングをみっちりやった成果が出ていると言えます。

比較すると、語彙が弱いとなっていますが、自己採点で何問か落としていたのがわかっていたので、そのせいだと思われます。これに関しては、現在ボキャビルトレーニングで強化中です。

ただ、今回の解析とは関係ありませんが、私が少し不安に感じているのは単語よりもイディオムに弱いということです。頻出のイディオムに関してもいずれボキャビルに取り組む必要がありそうです。

このように項目ごとに正答率を出してくれると、自分の弱点が明確化されて、トレーニング計画が立てやすくなっていいですね。

以前のスコアのみの表示と比較すると、英語学習のペースメーカーとしてのTOEICの価値が高まったと思います。

英語ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします。

| | コメント (7)

2006-10-23

[学習日記]中期的トレーニング方針

2006/10/14-10/20  学習時間 計12.39h
(10月度累計 30.0h 目標 35.0h 進捗率 86%)

----------------------------
<K/Hシステム>
内容:やさしいビジネス英語 vol.1 Lesson16(復習)
時間:0.75h
<Be208>
内容:Chapter 4-5
時間:8.94h
<ボキャビル>
内容:新TOEIC TEST頻出1200語 UNIT13-16
時間:2.69h
----------------------------

先週はTOEICの結果が判明して、リスニングのスコアがあまり芳しくなかったため、これからの学習計画をどうしようか考えていました。

振り返ると、ここ半年くらいは文法とボキャビルトレーニングに集中し、音声系のトレーニングはK/Hシステムのやさビジを月に10~15時間程度しか行なっていなかったため、結果もある意味当然と言えます。

そのトレーニング方針自体に問題があったわけではなく、こなした分の力がついている事は感じています。

現時点でのトレーニング方針は、1.Be208の習得、2.語彙1万語の習得となっており、それぞれ付属CDと併用して進めているものの、音声系メインのトレーニングではありません。

この路線を変更するかどうか迷いましたが、やはりこのままで行くことにしました。

理由としては、まず2つとも繰り返し反復して頭に刷り込むトレーニングのため、ある程度の間隔で集中的に繰り返す必要があり、他のトレーニングを追加すると効率が落ちるためです。

また、これらは明確なゴールがありますので、これを達成してからリスニング強化のトレーニングを開始しても問題はないと考えます。

ただし、ダラダラと進めていても仕方が無いので、Be208は12月~1月くらいまでに、ボキャビルは8000語を11月中に、1万語までを2月までに達成することを当面の目標とします。

それまでの間にTOEICを受けても結局似たような結果になるでしょうから、かなり先になってしまいますが、次回のTOEIC公開テスト受験は第130回(2007/5/27)くらいを考えています。

もし、社内のTOEIC IPがあれば受けるかもしれませんが。こちらはタダですので・・・。

英語ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします。

| | コメント (4)

2006-10-18

第125回(2006/9/24) TOEICスコア

TOEIC 第125回のスコアがネットで公開されました。

-> Listening 390  Reading 445  Total 835

Toei_125th_score_net_1

とりあえず前回よりは上がり、Totalとしても自己最高だったものの、今年末の目標860点には届きませんでした。

前回との比較をしてみます。

2005/12 TOEIC IPと比較

Listening +10  Reading  +25  Total +35

2005/11 TOEIC(119回)と比較 

Listening -40  Reading +120  Total +80

12月のTOEIC IPと比較すると、L/Rともわずかですがアップしています。

119回に対してはLが下がっていますが、このときのスコアは実力ではなく単にまぐれだったと考えているので余り気にしていません。

あわよくば目標スコアをクリアできたかも・・・という淡い期待を抱いていたため、スコアを見た瞬間、正直言って少しがっくりきました。

しかし、落ち着いて考えてみると、やはりこれが今の私の実力なんでしょう。

後日、紙のスコアシートが送られてくれば、どの辺りが弱かったのかわかるはずですが、LのPart2がボロボロだったのがかなり響いているはずです。

実は、試験当日に帰ってきてからネット上に出回っていた模範解答?と記憶を頼りに正答率をざっと出してみたところ、Rが9割前後、Lが7~8割程度でした。

スコアは、ざっくりと495×正答率で見積もれるとの風説からすると、まさに自分のスコアは偶然にもピタリと当てはまっています。(もちろん、本当のスコアは標準偏差を使用して算出されているはずですが)

詳細な解析はスコアシートを元に行なうつもりですが、Listeningが弱いことは実感できましたので、また新たな課題を設定しようと考えています。

英語ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします。

| | コメント (5)

2006-10-14

[学習日記]ボキャビル快調

2006/10/9-10/13  学習時間 計7.11h
(10月度累計 17.61h 目標 35.0h 進捗率 50%)

----------------------------
<K/Hシステム>
内容:やさしいビジネス英語 vol.1 Lesson16(復習)
時間:0.72h
<Be208>
内容:Chapter 3-4
時間:2.68h
<ボキャビル>
内容:新TOEIC TEST頻出1200語 UNIT9-16
時間:3.71h
----------------------------

今週はカゼを引いてしまいました。

火曜の夜に、なんとなくノドが痛いと思っていたら、翌日ノドの奥が真っ赤に。なんとか出社したものの、フラフラだったので昼で退社し、おとなしく病院へ。

薬を飲んでぐっすり寝たらだいぶ良くなり、なんとかこじらせずに済みました。季節の変わり目だからでしょうか。周りでもカゼ引きが多いです。

体調を崩すと仕事も英語も満足にできませんから、やっぱり健康第一!ですね。

さて、英語学習では最近ボキャビルに力を入れています。目標1万語レベルということで、今は8千語レベルの単語本に取りくんでいて、現在半分を過ぎたところです。

DUOとこれで2冊目となるわけですが、語彙が増えてくるに従いますます英語を読むのが楽しくなってきています。

ペーパーバックの多読は英文の流れに乗ることが重要で、6割くらいの理解度でいいからわからないところはどんどん飛ばす、というのがポイントです。

しかし、そうは言っても、飛ばしたところに何が書いてあったんだろう、そこがわかればもっと楽しめるのに、という思いが常にあります。

結局語彙があれば、流れに引っかかることも少なくなるし、より楽しめることは間違いありません。

また、ネットで英字新聞を時々読んでいますが、そのときに覚えたての単語が出てくることが少なくないんですよね。そうして意味がわかったときは本当に嬉しいものです。

1万語レベルで、どの程度のものまで読みこなせるようになるか、まだはっきりと想像はつきませんが、覚えた単語を定着させるためにも、そのあとは多読を加速させていくつもりです。

ちなみにボキャビルの方法は、やはり英語上達完全マップの方法が優れていると思います。

例文でその単語の使われ方と一緒に覚えると単語の持つイメージが鮮明になりますし、軽く何度も繰り返すことで定着度が増します。

今の頻出1200語はボリュームの多さ(大体1語につき1文)に最初戸惑ったのですが、慣れてくるとどんどん加速していく感じで、最近はボキャビル自体を楽しんでいます。

英語ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします。

| | コメント (0)

2006-10-09

[学習日記]Be208

2006/10/1-10/8  学習時間 計10.5h
(10月度累計 10.5h 目標 35.0h 進捗率 30%)

----------------------------
<K/Hシステム>
内容:やさしいビジネス英語 vol.1 Lesson15(復習)
時間:0.62h
<Be208>
内容:Chapter 2-4
時間:5.57h
<ボキャビル>
内容:新TOEIC TEST頻出1200語 UNIT5-12
時間:4.31h
----------------------------

先週も平日は忙しく、あまり学習時間は取れませんでした。その分、休日に時間が取れる場合はなるべく頑張って進めていきます。

さて、先月から開始したBe208は、ちょうど半分くらいまで進んでいます。

Be208とはBusiness English 208の略で、来客の応対、電話のやりとりなどビジネスでよく使われる英語の言い回しを208の例文パターンに整理したものです。サイトはこちら

1年半くらい前にBe208の存在を知り、実際に仕事で使う英語を身につけるには最適だと思って本だけは買っていたのです。

しかし当時は、なんとなくまだ手をつけるには早すぎる気がして、ページはめくってみたものの取り掛かりはしませんでした。

もし私が実際に仕事で英語を使う必要に迫られていたら違ったかもしれませんが、いわゆる基礎力をつけてからの方がいいような気がしたためです。

そして実際の印象としては、やはり今の時期に取り組んでよかったと感じています。

それは、文法知識などある程度の基礎があるおかげで、例文の基本的な構造が無理せずスッと入ってきて、無理やり暗記しなくても吸収できる感覚があるからです。

たしかに、Be208の内容を全く知らないのはビジネス英語のいろはができないわけで、現場では使い物になりませんが、やりなおし英語の初期に取り組むには内容的に少々ヘビーだと感じます。

著者である日向先生は、「TOEICなどの検定がいくら良くても、それがそのまま実戦では使えない」とおっしゃっていますが、逆にTOEICが全然できなくて、このBe208さえ知っていれば済むかと言えば違うのではないでしょうか。

当然ですが、会話は相手の言うことが理解できなければ成立しないわけですし、例文のパターンを少しアレンジされた場合に対応できないようでは結局役には立ちません。それに、あまりに発音がひどければ通じるものも通じないこともありえます。

少し話が逸れましたが、基礎固めから実践向きの英語へシフトしようとしている私にとって、素晴らしい教材であることは間違いありません。

完璧に身につけて、検定もクリアするつもりです。

英語ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします。

| | コメント (0)

2006-10-06

[学習計画]2006年10月度

9月度(9/11 - 9/30)の学習状況と進捗チェックです。

2006年9月度学習状況

総学習時間     23.68h (目標24.5h 達成率97%)
(内訳)
K/Hシステム     4.80h  (目標5h 達成率96%)
Be208         6.80h (目標9h 達成率76%)
ボキャビル      7.00h (目標7h 達成率100%)
その他        5.08h (目標3.5h 達成率145%)

平均学習時間
平日 1.25h(7日)(目標1.5h)
休日 3.73h(4日) (目標3.5h)

9月度は締め日の変更のため変則的に20日間になりました。また、TOEIC後の休息のため当初の計画から変更が入っています。日数は少なかったものの休日の学習時間は目標を達成できました。

次に学習内容です。

K/Hシステムはやさビジvol.1の復習をLesson12~14まで進めました。
Be208を新しい教材として取り組み始め、Chapter2に入りました。
ボキャビルはDUOの復習と、TOEIC TEST頻出1200語をUNIT8まで進めました。
それ以外に、TOEICを受験しました。

2006年10月度の計画 (10/1 - 10/31)

<学習時間>
平日:1.5時間×14日=21.0時間
休日:3.5時間×4日 =14.0時間
合計 35.0時間

<学習内容>
K/Hシステム  :8時間 (決定版やさしいビジネス英語Vol.1)
Be208      :15時間 
ボキャビル    :12時間 (TOEIC TEST頻出1200語)

今月度から月の区切りを月末としました。

今月と来月は休日にいろいろな予定が入っているため、あまり学習時間が取れません。よって目標学習時間も少なめになります。

K/Hはやさビジvol.1の復習を引き続き行ないます。
Be208は実践的な英語習得を目指して取り組んでいきます。今月度の目標はChapter4までとします。
ボキャビルはTOEIC TEST頻出1200語をUNIT16まで進めます。

英語ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »