« [学習計画]2006年10月度 | トップページ | [学習日記]ボキャビル快調 »

2006-10-09

[学習日記]Be208

2006/10/1-10/8  学習時間 計10.5h
(10月度累計 10.5h 目標 35.0h 進捗率 30%)

----------------------------
<K/Hシステム>
内容:やさしいビジネス英語 vol.1 Lesson15(復習)
時間:0.62h
<Be208>
内容:Chapter 2-4
時間:5.57h
<ボキャビル>
内容:新TOEIC TEST頻出1200語 UNIT5-12
時間:4.31h
----------------------------

先週も平日は忙しく、あまり学習時間は取れませんでした。その分、休日に時間が取れる場合はなるべく頑張って進めていきます。

さて、先月から開始したBe208は、ちょうど半分くらいまで進んでいます。

Be208とはBusiness English 208の略で、来客の応対、電話のやりとりなどビジネスでよく使われる英語の言い回しを208の例文パターンに整理したものです。サイトはこちら

1年半くらい前にBe208の存在を知り、実際に仕事で使う英語を身につけるには最適だと思って本だけは買っていたのです。

しかし当時は、なんとなくまだ手をつけるには早すぎる気がして、ページはめくってみたものの取り掛かりはしませんでした。

もし私が実際に仕事で英語を使う必要に迫られていたら違ったかもしれませんが、いわゆる基礎力をつけてからの方がいいような気がしたためです。

そして実際の印象としては、やはり今の時期に取り組んでよかったと感じています。

それは、文法知識などある程度の基礎があるおかげで、例文の基本的な構造が無理せずスッと入ってきて、無理やり暗記しなくても吸収できる感覚があるからです。

たしかに、Be208の内容を全く知らないのはビジネス英語のいろはができないわけで、現場では使い物になりませんが、やりなおし英語の初期に取り組むには内容的に少々ヘビーだと感じます。

著者である日向先生は、「TOEICなどの検定がいくら良くても、それがそのまま実戦では使えない」とおっしゃっていますが、逆にTOEICが全然できなくて、このBe208さえ知っていれば済むかと言えば違うのではないでしょうか。

当然ですが、会話は相手の言うことが理解できなければ成立しないわけですし、例文のパターンを少しアレンジされた場合に対応できないようでは結局役には立ちません。それに、あまりに発音がひどければ通じるものも通じないこともありえます。

少し話が逸れましたが、基礎固めから実践向きの英語へシフトしようとしている私にとって、素晴らしい教材であることは間違いありません。

完璧に身につけて、検定もクリアするつもりです。

英語ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします。

|

« [学習計画]2006年10月度 | トップページ | [学習日記]ボキャビル快調 »

「学習日記」カテゴリの記事

「英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« [学習計画]2006年10月度 | トップページ | [学習日記]ボキャビル快調 »