« [学習計画]2006年8月度 | トップページ | [学習日記]やさビジvol.1を終えて »

2006-08-13

[学習日記]話してみたい

2006/8/5-8/12 学習時間 計13.5h
(8月度累計 4.52h 目標 48.0h 進捗率 9%)

----------------------------
<K/Hシステム>
内容:やさしいビジネス英語 vol.1 17-1,2,3,4
時間:4.09h
<文法>
内容:シリウス P.162-p.247(miss check2)
       P.10-p.61(3周目 23.6%)
時間:5.64h
<ボキャビル>
内容:DUO
時間:3.77h
----------------------------

やさビジはvol.1の最後のレッスンまで進み、シリウスも3周目に入りました。DUOも最後のセグメントのサイクル回しに入り、現在手がけている教材を仕上げる段階に来ています。

もちろんこれで終わりではなく、それぞれ新しい教材を始めるなどして続けていこうとは思っていますが、会話のトレーニングを始めたい気持ちがここ最近高まってきています。

英語上達完全マップによれば、私が現在行なっているトレーニングは英語の基底能力を高めるものであり、書く、話すというアウトプットのいわば基礎となります。

話すトレーニングをしてないわけですから、今、英語で話せと言われてもきっとしどろもどろになってしまい、まともには話せないでしょう。つまりどこかの時点で”話す”トレーニングを始める必要があるわけです。

それをいつにするかが問題なわけですが、最近トレーニングの成果を少しずつ感じてきたりすると、やはり実践で試したくなります。

ただし問題は時間です。今の限られた時間の中からスクールなりのレッスンに通う時間を割くとなると必然的に現在の基礎トレーニングの時間は減ってしまい、どちらも中途半端になってしまう可能性があります。

年始に立てた計画では夏~秋に英会話を始めるとしていましたが、このペースだと年末か、来年になるかなぁという気がしています。社内の英会話クラスの募集があれば、試しにそちらに参加してみるかもしれませんが・・・。

英語ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします。

|

« [学習計画]2006年8月度 | トップページ | [学習日記]やさビジvol.1を終えて »

「学習日記」カテゴリの記事

「英語」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。shooさんは、年齢や職業が私とよく似ているようですし、英語を始めた時期や英語に対する取り組みも似ているような気がしていたので、たびたびblogを拝見して密かに共感を(ライバル心を?)感じていました。
さて実践の英会話を始めるのがもう少し先になりそう、だとのこと、少し残念に思います。仕事や家庭などのご事情がおありなのは承知の上なのですが、shooさんくらいの実力がおありなら実際の会話をすることでグッと伸びるのではないかと思いますよ。
私も「英語上達完全マップ」にすごく共鳴するものを受け、24時間シリーズとかやりましたが、基礎能力をつけるという意味ですごく意義深いと思う反面、実際の英会話とのギャップを感じずにはいられませんでした。これらの書籍を使って自分でやるトレーニングは、やはり「自分の言いたいことを言う」のではなくて「日本語からの瞬間英訳」になってしまう傾向が強い(いくら「イメージ」と結びつけてトレーニングしてても)ので、実際に話をする場では「言いたいことのイメージ」から「適切なフレーズや単語」への引き当てをするためのトレーニングが抜けてしまうのではないかと思うのです。そしてそれができるのが唯一(というと言い過ぎかな?)、「英会話」なのではないかと。
最近読んだ本にこういうのがあります。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4790711846/250-1025476-0112202?v=glance&n=465392&m=AN1VRQENFRJN5
個人的な経験を元にした英語勉強法ではなく、アカデミックな研究・考察を元にした外国語習得のメカニズムを解説したもので、それによると
「文法の知識を十分に持った上で」
「実際の英会話を実践し」
「間違えを犯し、それに気づくことによって、言語能力が形成される」
というようなことが書いてあると理解しました。そしてもっとも勇気づけられたのが「間違いは必然だ」ということ。
とにかく、shooさんにはなぜか似たようなものを(勝手に)感じてるので、これからも陰ながら応援してます。お互いがんばりましょう。

投稿: エムぞう | 2006-08-16 12:59

エムぞうさん、はじめまして。
こちらのブログを継続的に読んでくださってるとのこと、大変嬉しく思います。

英会話に関する有益かつ具体的なアドバイスありがとうございます。エムぞうさんの書かれたことは、まさしくその通りであると私も思います。

英語上達完全マップのトレーニングは著者の森沢先生も述べておられる通り、あくまでも「英語の基底能力を伸ばす」ためのものです。同時に「基底能力を高めさえすれば、会話は場数を踏むことで上達する」とも書かれています。

会話トレーニングに入るのが自分にとって時期的に早いと思っているわけではないのですが、効果を上げるには「短期間に濃密に」やったほうが結果的に時間、費用の両面で割安ということなので、なかなか悩ましいのです。

なんとなくなのですが、9月のTOEICが現状の自分のレベルを捉える上で一つの節目になるかとも感じていまして、その結果如何で何らかのアクションを起こすかもしれません。

エムぞうさんはブログを書かれてはいないのでしょうか?コメントの文章が大変わかりやすかったので、もしブログがあれば是非読ませていただきたいと思ったのですが・・・。

では、今後もお互い頑張っていきましょう!

投稿: shoo | 2006-08-17 00:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104581/11422638

この記事へのトラックバック一覧です: [学習日記]話してみたい:

« [学習計画]2006年8月度 | トップページ | [学習日記]やさビジvol.1を終えて »