« [学習日記]プロスポーツ選手と語学 | トップページ | [学習日記]年末モード »

2005-12-08

[学習日記]人は忘れる動物

2005/12/07 学習時間 計2.25h
----------------------------
<瞬間英作文 ステージ2>
内容:やっぱり英作文 Lesson11 (seg.6) 5-6周目
時間:1.5h

<K/Hシステム>
内容:やさしいビジネス英語 vol.1 Lesson4-3,4
時間:0.75h
----------------------------

2005/12/06 学習時間 計1.25h
----------------------------
<瞬間英作文 ステージ2>
内容:やっぱり英作文 Lesson11 (seg.6) 4周目
時間:0.25h

<K/Hシステム>
内容:やさしいビジネス英語 vol.1 Lesson4-3,4
時間:0.75h
----------------------------

be208の日向先生のビジネス英語雑記帳に”効率的な英語の勉強”という記事が2回にわたって掲載されていました。

引用させていただくと、2ヶ月に4回の復習が効果的で、復習は同じものを反復することが鉄則だそうです。日向先生自身も、経験上これらが有効だったとおっしゃっています。

英語上達完全マップでも、音読パッケージや瞬間英作文に限らず全ての項目で、一冊の教材を徹底的に反復し、頭に刷り込むべしとされています。

また、K/Hシステムでも一つの教材を丹念に、意味の仕込み、音の仕込み、音と意味の一体化を行い、時間をかけてそのエッセンスを吸収すべきとしており、急激な上達を望まずに2、3年くらいのスパンで学習計画を立てることを推奨しています。

みな、本質的な点では同じことを言っている気がしませんか?

多聴、多読が意味が無いとは言えませんが、あくまでも一冊の教材をひたすら反復するという地道なトレーニングが基本であり、そのうえでオプション的にやるものなのでしょう。特にTOEIC900以下の基礎固めの段階では。

ただ、復習ってなんだか気が進まない人が多いのでは?私もそうです。それはきっと、復習して「ああ、あんなにやったのにもうこんなに忘れてるよ」ということを実感させられるのが嫌だからでしょう。

でも、人間の脳の仕組みから言って忘れて当然なのです。忘れたところを再認識し、再び頭に刷り込むのが復習の目的ですから、忘れたところが見つかってラッキーくらいの気持ちでいいのかもしれません。

英語ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします。

|

« [学習日記]プロスポーツ選手と語学 | トップページ | [学習日記]年末モード »

「学習日記」カテゴリの記事

「英語」カテゴリの記事

コメント

リンクありがとうございました!

投稿: だめお | 2005-12-09 08:12

教材を絞ってやるということが大事なのですね。 つい、「多読」ということに惑わされてを手を広げすぎてしまいがちです。 反省です。。。  参考になるブログありがとうございます。(皆が言っていることがことかもしれませんが、改めて整理してもらえることに価値があると思っています。)

投稿: Mitchy | 2005-12-09 18:46

英語学習を始めてから、英語学習に関係するいろいろなサイトを見たり、本を読んだりしました。表面上は本当に、たくさんの勉強法があるなぁと思います。
どれが合ってて、どれが間違っているということではないんでしょうが、しっかりとした実力をつけるには地味な反復練習が実は最も効率がいいのではないのか?というのが私の今のところの結論です。

投稿: shoo | 2005-12-10 22:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104581/7523703

この記事へのトラックバック一覧です: [学習日記]人は忘れる動物:

« [学習日記]プロスポーツ選手と語学 | トップページ | [学習日記]年末モード »