« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005-11-30

The Lake of Tears (Deltora Quest)

リーフ、バルダ、そして予期せず新たに仲間に加わったジャスミンの一行は、デルトラのマジックベルトから盗まれた7つの宝石を探すという危急の使命の旅の途上にある。黄金のトパーズは見つけることができた。しかし、全ての宝石がベルトに戻ってきてはじめて、彼らの国土は悪のシャドウロードの暗黒の力から解放されるのだ。

2番目の宝石を見つけるため、リーフ、バルダ、ジャスミンの3人は、魔道師モンスターのテーガンが支配する領域を旅しなければならない。彼らの旅は不信、策略と危険に満ちていることだろう。そして最後に彼らは最大の挑戦をすることになる-魅惑の涙の湖の見るも恐ろしい守護者と。


The Lake of Tears (Deltora Quest)
Emily Rodda
Apple (2001/04)
売り上げランキング: 95,402

デルトラクエスト2巻目です。129ページで総語数25,672。英語多読完全ブックガイドでのYL(読みやすさレベル)は5.0-6.0。

1巻目に続き、2巻目もあっという間に読み終えてしまいました。今の自分にとっては単語のレベルも高く、決して読みやすくはないんですが、ストーリーの面白さにグイグイ引きこまれて読み進みました。まさにpage-turnerといったところです。

このデルトラクエスト、日本でも最近盛り上がってる?ようで、出版社が作った日本語版サイトがあります。原書が日本語訳されているのはもちろん、連載漫画化されているうえに、アニメ化の話もあるとのこと。

基本的には子供向けに書かれたようですが、ストーリーがしっかりしているので大人も十分楽しめるというわけですね。ハリーポッターが年齢に関係なく人気があるように。

現在の多読語数:402,874 words

英語ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-11-29

[学習日記]ヒアリング力向上には

2005/11/28 学習時間 計4.5h
----------------------------
<瞬間英作文 ステージ2>
内容:やっぱり英作文
       Lesson7-10 (seg.4-5)(前半復習2周目)
時間:0.75h

<K/Hシステム>
内容:やさしいビジネス英語 vol.1 Lesson4-1,2
時間:0.5h
----------------------------
2005/11/27 学習時間 計4.5h
----------------------------
<瞬間英作文 ステージ2>
内容:やっぱり英作文
       Lesson4-6 (seg.1-3)(前半復習2周目)
時間:1.0h
----------------------------

やっぱり英作文の前半復習2周目まで終わりました。一週間後にもう1周することにして、後半のセグメントに入ります。

やさビジはLesson4に入りました。最初は力試しということでスクリプトを見ないで数回聞きます。話のあらすじは杉田先生の日本語の解説が冒頭にあるのでわかっているのですが、それでも3~4割程度しか聞き取れません。

答えあわせでスクリプトを見ると、音としては大体聞き取れているんだけど、意味がつかめていないことがわかります。もちろん知らない単語もありますが、決まった言い回しのようなかたまり表現のストックが少ないのも一つの要因でしょう。

今回のビニエットの中に"sign on the dotted line"(署名欄にサインする)という表現がありましたが、これはLesson2で出てきていたので、かたまりでハッキリ聞き取れました。

結局ヒアリング向上のためにはこのように、聞いた瞬間イメージがパッと湧く、つまり自分のモノになっているかたまり表現をコツコツ増やしていくしかないんでしょう。

それには今のペースで半年かかってでも、丁寧にこのやさビジのテキストを仕上げていくのがまず自分のやるべきことだと改めて思いました。

リーディングと同じように、ヒアリングでも理解度が7割くらいになってくればあとは類推で大体の意味はつかめるようになる気がします。その日を目指して頑張ります。

英語ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005-11-27

[学習日記]第119回TOEIC

2005/11/26 学習時間 計4.5h
----------------------------
<瞬間英作文 ステージ2>
内容:やっぱり英作文
       Lesson4,5 (seg.2-5)(前半復習1周目)
時間:2.0h

<K/Hシステム>

内容:やさしいビジネス英語 vol.1 Lesson1-3
時間:2.5h
----------------------------

TOEIC受けてきました。今回はちょっと作戦ミスというか時間配分に失敗しました。

リスニングは、前回よりはマシだったものの、やはりPart3,4で問題文を把握する前に音声が流れてきて、全然聞き取れずにあせることが何度かありました。まぁ今の自分の実力だとこんなもんかという感じです。

リーディングは完全に失敗。Part5,6に必要以上に時間をかけすぎました。前回はPart5,6はとにかく直感で早く終わらせることに専念して、Part7に時間を残したおかげで、初めて最後まで解けたんです。

今回は、半年前よりはリーディングのスピードが上がってると思い込み、Part5,6を多少丁寧にやっても最後まで終わるだろうと油断してしまいました。

Part6の中盤くらいから少し時間的にマズイかな?と感じペースを上げていったのですが、Part7に40分弱しか残せず、最後の一つ前の長文問題を解いている最中にタイムアップ。結局、7問残しです。

結構ショックでしたが、時間切れになってしまうということは、作戦ミス以前にきっと自分の実力がまだまだ足りないということですね。高得点を出す人は、試験時間が余裕であまると聞きますから・・・。スコアは前回(745点)に届いていれば御の字でしょう。

今回は自宅から車で45分くらいの地方会場にしたんですが、やっぱり車で行けると楽です。車中で時間もつぶせますし。駐車場もちゃんとありました。ただ、試験回数が少ないのが唯一残念ですが。

それと会社のTOEIC IPを申し込んでいるので、12月も受験します。会社だとタダで受けられるというのと、続けて受けたらはたして近いスコアが出るのか?という点に興味があったので。

今回のTOEIC後に休養しようかとも思いましたが、年末年始にゆっくり休むことにして、明日からまた学習を続けていきます。

英語ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005-11-26

[学習日記]明日はTOEIC

2005/11/25 学習時間 計1.25h
----------------------------
<瞬間英作文 ステージ2>
内容:やっぱり英作文
       Lesson4,5 (seg.1-2)(前半復習1周目)
時間:1.25h
----------------------------

いよいよTOEICが明日に迫ってきました。ヒアリングが聞き取れるだろうかとか不安な気持ちも少しありますが、どちらかというとワクワクした気持ちの方が強いです。

前回TOEICを受けてから半年間たってますから、その間の学習がどういう形で表れるのか?という点に興味があるのです。

英語学習を続けていると、以前よりペーパーバックを読むスピードが速くなったとか、英語の音が少し聞き取れるようになったとか、なんとなく少しずつ上達しているような気はするんですが、具体的にどれくらいレベルアップしたかを知りたくなります。

そういった意味でTOEICのスコアで現在の自分のレベルを把握して、今後の学習方針につなげていくことは有意義じゃないでしょうか。

今のところ体調は比較的良いので、本番を楽しむ余裕があるかないかはわかりませんが、2時間集中して力を出し切ってくるつもりです。

英語ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-11-25

[学習日記]やっぱり英作文前半終了

2005/11/23 学習時間 計3.25h
----------------------------
<瞬間英作文 ステージ2>
内容:やっぱり英作文
       Lesson9,10 SVOCの構文、受身(seg.5)(8-10周目)
時間:0.5h

<K/Hシステム>

内容:やさしいビジネス英語 vol.1 Lesson3-3,4
時間:2.75h
----------------------------
2005/11/22 学習時間 計0.5h
----------------------------
<瞬間英作文 ステージ2>
内容:やっぱり英作文
       Lesson9,10 SVOCの構文、受身(seg.5) (7周目)
時間:0.25h

<K/Hシステム>
内容:やさしいビジネス英語 vol.1 Lesson3-3,4
時間:0.25h
----------------------------

やっぱり英作文のセグメント5が終了。これから復習のためテキスト前半のサイクル回しを始めます。

英語上達完全マップでは、セグメント毎に完成させて、最後にテキスト全体でサイクルを回す方法が紹介されています。

たしかにセグメント毎に完成させれば、総復習で最初は多少忘れていてもすぐによみがえることは、ステージ1で体験済みです。

ただしステージ1では1冊あたり2ヶ月程度で終わっていたのが、今回のステージ2の教材では2ヶ月で半分くらいしか進んでいません。

これは全体のボリュームも関係しているのですが、なんとなくこの辺で前半を一度完成させておいた方が効率がよさそうな気がするんです。かなり時間が経ってから復習すると、あまりにも忘れすぎていてショックを受けたくないという心理も少しありますが。

繰り返しやる、時間がたって忘れかけた頃にまたやる、というのが脳に刷り込むという語学学習の基本だと思ってますので、復習して悪いことは無いでしょう。

そうすると、やさビジも適当に進んだところで適度に復習するのがよさそうな気がしてきます。とりあえずLesson5くらいが目安かな・・・。

英語ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-11-22

[学習日記]もうすぐTOEIC

2005/11/21 学習時間 計0.75h
----------------------------
<瞬間英作文 ステージ2>
内容:やっぱり英作文
       Lesson9,10 SVOCの構文、受身(seg.5) (6周目)
時間:0.25h

<K/Hシステム>

内容:やさしいビジネス英語 vol.1 Lesson3-3,4
時間:0.5h
----------------------------
2005/11/20 学習時間 計0.75h
----------------------------
<瞬間英作文 ステージ2>
内容:やっぱり英作文
       Lesson9,10 SVOCの構文、受身(seg.5) (5周目)
時間:0.25h

<K/Hシステム>
内容:やさしいビジネス英語 vol.1 Lesson3-3,4
時間:0.5h
----------------------------

このところ仕事や私用で忙しく、あまり学習時間が取れていません。ややモチベーションも低下ぎみだし・・・。こういうときは少しの時間でもやれたらよしと、プラス思考に考えてみたほうがいいかもしれません。

瞬間英作文はセグメント5が6周目まで終わり、ほぼ完璧に口から出てくるようになっています。ここが終われば中間点を折り返すことになるので、前半の総復習を数周するつもり。

それと今週末はTOEICです。自分でもすっかり忘れていました。対策はしないとはいえ、こんなに緊張感無くて大丈夫なんだろうか?IPじゃない正規のTOEICは久しぶりなんですけど。

あまり自信も無いし、前回から点数が下がったら下がったでまぁいいかという感じ。700~800くらいは伸び悩む範囲だというし・・・。(←予防線)

今は英語をやってて楽しいときの方が多いので、点数によらず結果をモチベーションアップにつなげられたら、それでいいんじゃないかと思います。

英語ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-11-21

The Forests of Silence (Deltora Quest)

極悪なシャドウロードがデルトラに侵攻し、王宮の7つの神秘的な力をもつ宝石を奪った。手書きの地図だけを頼りにして、LiefとBardaは、奪われた宝石を取り返して祖国から圧政者を追放するべく、困難な冒険への第一歩を踏み出す・・・


The Forests of Silence (Deltora Quest)
Emily Rodda
Apple (2001/04)

いわゆる語彙制限本(Graded Readers)ではなく、ネイティブの小学生向けに書かれた児童書です。144ページで総語数26,803。英語多読完全ブックガイドでのYL(読みやすさレベル)は5.0-6.0。

デルトラクエストという全8巻のファンタジー小説の第1巻です。ドラクエのように、ある目的に向かって冒険を続けていく過程を描いています。

小学生向けということですが、大人が読んでも十分楽しめると思います。特に、ファンタジーものが好きな人にはオススメです。私は昔、ロードス島戦記という小説が好きで読んでいたんですが、それを思い出しました。

ただ、語彙制限されていないので、自分の知らない単語がたくさん出てきて手強かったです。例えば、~と言った、というのはGRだと普通にsaidが多いんですが、この本ではmurmuredやmumbledなどが多用されています。両方とも”つぶやく”という意味です。

多読の基本どおり、ストーリーが終えればそれでよし、という感じでどんどん読み進めたんですが、理解度は6割程度でした。それでも十分楽しめたので、続きの巻もじっくり読んでいくつもりです。

現在の多読語数:377,202 words

英語ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005-11-18

[学習日記]英語と収入

2005/11/17 学習時間 計0.5h
----------------------------
<瞬間英作文 ステージ2>
内容:やっぱり英作文
       Lesson9,10 SVOCの構文、受身(seg.5) (4周目)
時間:0.25h

<K/Hシステム>
内容:やさしいビジネス英語 vol.1 Lesson3-3,4
時間:0.25h
----------------------------

asahi.comでこんな記事を見かけました。

英語できる女性、年収4割高い 1万4千人調査

14000人の調査結果から、男女問わず、英語ができる人は収入が高いという結果が得られたそうです。

やはりこれだけグローバル化している社会では、世界の共通語である英語が使えることは大きな武器になるということでしょうか。

特に私のいる半導体業界では、売上高やシェアからいってもアメリカの会社が非常に強いですし、重要な国際学会や、様々な規格団体などもアメリカが多いです。

つまり英語が使える=ビジネスチャンスが大きく広がることを意味しています。

また、エンジニアで流暢に英語を扱える人はそう多くはありません。理系だと大学入試のときに英語があまりできなくても、他で点を取れれば受かるせいもあるのでしょう。

すなわち技術もわかって、英語も使える人材は貴重だということです。自分がそういう人材になり、さらに活躍の場を広げて面白い仕事をしていきたいと思っています。

英語ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[学習日記]学習法考察

2005/11/16 学習時間 計2.0h
----------------------------
<瞬間英作文 ステージ2>
内容:やっぱり英作文
       Lesson9,10 SVOCの構文、受身(seg.5) (3周目)
時間:0.5h

<K/Hシステム>
内容:やさしいビジネス英語 vol.1 Lesson3-1~4
時間:1.5h
----------------------------

英語学習するときに誰でも悩むのが、どのような学習方法を取るかということです。自分が続けられて、かつ効率のよい方法がベストです。

英語上達完全メソッドでは、音読パッケージと瞬間英作文の2本を学習の柱にすることが推奨されています。私もこれに習って、現在までこの2本をメインにやってきました。なお、KHと音読パッケージは本質的に同じだと私は考えています。

では、なぜこの2つのトレーニングを行なうだけで力がついていくのか考えてみました。

音読パッケージでは、お手本の英語を繰り返し聞き、真似して発声することで、英語のリズムを体化させます。これは主に”話す”、”聞く”ための訓練になります。

瞬間英作文は、英作文という名前で主に”書く”ことの訓練だと思われる方もいるかもしれませんが、実は”話す”、”聞く”ためにも非常に有効です。

瞬間的に英作文することで、頭の中のイメージと英語を強く結びつけることができます。これは単語・イディオムにとどまらず、時制や構文そのもののイメージを含みます。

英語とイメージのリンクが強くなれば、”話す””書く”のイメージ→英語変換と、”聞く””読む”の英語→イメージ変換の両方に効くということです。

よって、表面的には日本語→英語の変換ですが、私たちは日本語→イメージは瞬間的にできますから、そのあとのイメージ→英語を強く意識してトレーニングすることが重要です。

英語ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005-11-15

伸ばしたい!英語力

 

伸ばしたい!英語力―あきらめない限り必ず伸びる
本多 義則
技術評論社 (2004/10)
売り上げランキング: 65,307


著者の本多さんは、メーカーのエンジニアで数年前から英語学習を始められ、TOEIC900をクリアし英検1級を取得された方です。

つまり私のような一般学習者の先輩といえ、また自分にとっては境遇が近いため親近感を覚えました。そのため、書かれている内容の視線が学習者に近く、共感できる部分が多かったです。

仕事をしながら、如何にしてモチベーションを持続させ、英語に触れる時間を作り出すかという点について、実際に筆者が実行した方法をメインに詳しく書かれています。

私にとっては、来年あたりから実戦訓練として英会話を始めたいと思っていたので、英会話スクールの話や英会話喫茶の体験談などがとても参考になりました。他にもネットや、デジタル機器の活用法など、旬のネタが満載です。

挿入されている漫画やイラストもとても面白く、読んでいて楽しくモチベーションが上がってくる本でした。本多さんのWebで目次や感想など、より詳しい情報がのっていますので興味のある方はぜひ。

英語ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005-11-14

[学習日記]朝練復活

2005/11/13 学習時間 計1.75h
----------------------------
<瞬間英作文 ステージ2>
内容:やっぱり英作文
       Lesson9,10 SVOCの構文、受身(seg.5) (2周目)
時間:1.25h

<K/Hシステム>
内容:やさしいビジネス英語 vol.1 Lesson3-1,2
時間:0.5h
----------------------------

2005/11/12 学習時間 計0.5h

----------------------------
<K/Hシステム>
内容:やさしいビジネス英語 vol.1 Lesson3-1,2
時間:0.5h
----------------------------

週末は用事があったため、空き時間に少し学習したのみでした。

それと、ひさびさに朝練を復活させました。きっかけは、先日コメントをいただいた本多さんの”伸ばしたい!英語力―あきらめない限り必ず伸びる”という本です。

この本の中で朝の学習は効率がよいと書かれていて、たしかにそうなんだよなぁと思って、早速今朝からやってみました。やっぱり朝は夜と反対にだんだん頭が冴えてくるし、集中力が違います。

実は以前に朝練の最中にノドを痛めてしまったことがあり、それがトラウマになってしまって、それ以来やっていませんでした。

いま思えば、朝からウォーミングアップ無しで全力で音読していたのと、その頃は普段からあまりノドへの負担を考えずに音読練習していたのが原因だったんでしょう。

なので朝練はリップシンクを取り混ぜたりして、ノドをいたわりながら無理せず行なうことを心がけ、まずは12時就寝、6時起床ペースを目指してやっていきます。

英語ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-11-12

[学習計画]2005年11月度

10月度(10/11 - 12/10)の学習計画の振り返りと見直しです。

10月度学習状況

総学習時間   43.25h (目標45h 達成率96%)
(内訳)
K/Hシステム   29.00h (目標30h 達成率97%)
瞬間英作文   14.25h (目標15h 達成率95%)

平均学習時間
平日 1.4h(14日)(目標1.5h)
休日 2.6h(9日) (目標4.0h)

総学習時間は目標にやや届きませんでした。1日あたりの学習時間は、平日はほぼ目標どおり、休日は目標の6割程度でした。休日は用事があった日に、短時間学習したりしたためもあると思います。しかしダラダラしたせいであまり学習できなかった日もあったので、

次に学習内容です。

K/Hシステムはやさビジのレッスン1,2を終わらせました。
瞬間英作文は、ステージ2やっぱり英作文のセグメント1-4まで終わりました。

11月度の計画 (11/11 - 12/10)

<学習時間>
平日:1.5時間×16日=22時間
休日:5.0時間×4日 =20時間
合計 42時間

今月度は休日がつぶれることが多く、日数が少ないため、家にいる日は頑張って5時間学習を目標にします。

<学習内容>
K/Hシステム :28時間 (決定版やさしいビジネス英語Vol.1)
瞬間英作文  :14時間 (やっぱり英作文)

K/Hシステムはやさしいビジネス英語Vol.1をレッスン4まで、瞬間英作文はやっぱり英作文をセグメント8まで終わらせることを目標にします。また11月27日にTOEICを受験します。

このところ忙しいせいもあり学習時間が減っていますが、学習するときは集中することと、スキマ時間を有効に活用して、なるべく英語に触れる時間を多くするよう心がけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-11-11

[学習日記]英語のツボ

2005/11/9 学習時間 計1.5h
----------------------------
<瞬間英作文 ステージ2>
内容:やっぱり英作文
       Lesson9,10 SVOCの構文、受身(seg.5) (1周目)
時間:1.0h

<K/Hシステム>

内容:やさしいビジネス英語 vol.1 Lesson3-1,2
時間:0.5h
----------------------------

日刊2分で読めるやさしい英語ニュースで紹介されていた、”英語のツボ”というEbookを購入したので、その感想を。

Ebookを購入したのは今回が初めてです。1100円と手ごろな値段だったのと、実際に海外で12年生活をしてバイリンガルになった著者のいう”ツボ”に興味があったので購入してみました。

読み終えてみて、価格分の価値はあった気がします。また、著者の情熱が感じられ、継続して努力しないと英語はモノにならないと改めて思わされました。特にこれから留学を考えている方は一読したほうがいいと思います。

著者は留学して約10ヵ月後に会話がハッキリ聞き取れるようになったということです。かなり意識して英語漬けにした生活で約1年かかるわけですから、例えば1日2時間程度の学習では、その3倍や5倍かかってもおかしくありません。

なかなか英語が聞き取れるようにならないのも当たり前なわけで、あせらず地道にやっていくか、意図して英語に触れる時間を1秒でも多くするしかないですね。

英語ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005-11-09

[学習日記]ノドのケア

2005/11/8 学習時間 計1.75h
----------------------------
<瞬間英作文 ステージ2>
内容:やっぱり英作文 Lesson7,8 SVCの構文(seg.4) (10周目)
       Lesson9,10 SVOCの構文、受身(seg.5) (1周目)
時間:0.75h

<K/Hシステム>
内容:やさしいビジネス英語 vol.1 Lesson3-1,2
時間:1.0h
----------------------------

2005/11/7 学習時間 計1.0h
----------------------------
<瞬間英作文 ステージ2>
内容:やっぱり英作文 Lesson6 SVOの構文(2)(seg.4) (8-9周目)
時間:0.5h

<K/Hシステム>

内容:やさしいビジネス英語 vol.1 Lesson3-1,2
時間:0.5h
----------------------------

やさビジはLesson3に入りました。最初のビニエットはスピードが速すぎて、最初の力試しのシャドウイングではほとんど歯がたたず。

女性の登場人物が多いビニエットで、みんな速い速い。唯一、主人公の荒木裕美だけは日本人駐在員という設定からか(?)比較的ゆっくりめにはっきり発音してくれるので助かります。

KHの場合シャドウイング中心で練習していくわけですが、連続で練習するとほとんど休み無く声を出すことになり、そのうちノドが痛くなってきます。

適度に休みを入れればいいのですが、休む代わりに私はリップシンク(口パク)をしています。これだとノドを休ませつつ練習ができます。

シャドウイングだと自分の声でお手本の音が聞こえづらくなっていますが、リップシンクでは自分の声が無いためはっきり聞こえます。さらに漫然とリスニングするよりも、聞き取ろうと意識を集中するので、いい練習になります。

私は以前音読練習でノドを痛めてしまい、つらい目にあいました。さらに冬は空気が乾燥し、ノドにはつらい季節です。ノドが弱ってるとカゼも引きやすくなりますから、十分ケアしていきましょう。

英語ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-11-08

[学習日記]音読パッケージとKHシステム

2005/11/6 学習時間 計2.5h
----------------------------
<瞬間英作文 ステージ2>
内容:やっぱり英作文 Lesson7 SVCの構文(seg.4) (6-7周目)
時間:0.5h

<K/Hシステム>
内容:やさしいビジネス英語 vol.1 Lesson3-1,2
時間:2.0h
----------------------------

2005/11/5 学習時間 計2.5h
----------------------------
<瞬間英作文 ステージ2>
内容:やっぱり英作文 Lesson6 SVOの構文(2)(seg.4) (4-5周目)
時間:0.5h

<K/Hシステム>
内容:やさしいビジネス英語 vol.1 Lesson2-3,4
                Lesson3-1,2
時間:2.0h
----------------------------

連休後半は用事があったせいもありますが、少しダレ気味で思ったより学習時間が取れませんでした。4日の休みのうち1日は完全オフにした方が、メリハリがついてよかったかもしれないと今さら後悔。

せっかく時間があるのに英語をやらないのはもったいないと思ってしまうんですが、これって貧乏性というか、休み下手なんでしょうね。もう少し休み上手になりたいです。

このブログを読んでくださっている方から、音読パッケージとKHシステムの違いについて質問のメールをいただきました。

たしかに今まで音読パッケージでやってきて、最近KHシステムに切り替えたので、学習法を変えたの?と思われている方もいるかもしれないので、私の書いたメールの返信を一部紹介します。

=======================================================
音読パッケージとKHシステムは本質的な部分では同じだと私は思っています。

ただ、音読パッケージは英文の意味のつかみ方については深く触れてないので一読して文構造と意味が取れる教材を使った方がいいと述べられています。これに対し、KHは自分にとってやや負荷の高い教材をこなすためのメソッドです。

音読回数については、音読パッケージでは回数を決めて行うため、自分の思い込みで途中でやめてしまう恐れがありません。反してKHは自己判断で終わりを決めるため、これを正しく判断できる場合は効率的ですが、ものになったと勘違いして先に進んでしまう可能性があります。

私の中では、音読パッケージは初級者から上級者まで幅広く使えるメソッドですが、KHはある程度自己判断が適切にできるスキルが要求されるメソッドだと考えています。音読パッケージでもレベルが上がり、音読回数を自分で決めるようになってくるとKHに近くなってくる気もします。

また、KHでもリピーティングやテープなしの音読をしても構わないと思います。実際私は音読練習の際にシャドゥィング以外に、音読パッケージで学んだ練習法を取り入れています。この方が飽きも来ないし、より早く身につけることができます。
=======================================================

少し補足すると、どちらもお手本にしたがって、意味のわかっている文を、発話実感を伴って、口から音として出すというアウトプットのトレーニングという点では全く違いが無いわけです。多少アプローチが違うだけです。

両者をミックスさせて、自分に合うようアレンジしたメソッドができれば、それが一番いいのかもしれません。

英語ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005-11-07

The Full Monty

ギャズと5人の男たちはストリッパーグループを結成することに決める。誰一人として、それまでストリップなんてしたことはない。ギャズは地元の女性をショーに必ず来させるために、着ているものを全部脱ぐと言ってしまう。このありえないストリッパー達は果たして”フルモンティ”になる勇気があるのだろうか?


The Full Monty (Penguin Readers:Level4)
W. Holden
Longman (1999/09/20)
売り上げランキング: 22,677
おすすめ度の平均: 5
5 面白い!
5 笑っているうちに、涙ぐんで・・・。
5 おすすめ

Penguin ReadersのGraded Reader(Level4 1,700words)。68ページで総語数18,000。英語多読完全ブックガイドでのYL(読みやすさレベル)は4.0-5.0。映画の原作です。

full montyとはスッポンポン、素っ裸という意味です。全体的にはコメディタッチで、総語数もそれほど多くないのでテンポ良く読みきれました。

最近Level5のGRを読んでいたためか、今回は比較的楽に読めました。なるべく返り読みはしないよう心がけているのですが、よく意味がつかめなかったところはやはり2度読みをしてしまいます。その回数がこの本では少なかった気がします。Level4程度の本をどんどん読んでいくのもいいかもしれないと思いました。

現在の多読語数:350,399 words

英語ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-11-05

[学習日記]英語はトレーニング

2005/11/4 学習時間 計2.0h
----------------------------
<瞬間英作文 ステージ2>
内容:やっぱり英作文 Lesson7 SVCの構文(seg.4) (2-3周目)
時間:0.75h

<K/Hシステム>

内容:やさしいビジネス英語 vol.1 Lesson2-3,4
時間:1.25h
----------------------------

2005/11/3 学習時間 計3.75h

----------------------------
<瞬間英作文 ステージ2>
内容:やっぱり英作文 Lesson6 SVOの構文(2)(seg.4) (1-2周目)
時間:1.75h

<K/Hシステム>
内容:やさしいビジネス英語 vol.1 Lesson2-3,4
時間:2.0h
----------------------------

昨日は有休を取ったので4連休。明日で終わりですが・・・。休みが過ぎるのは早いですね。

最近、週一でジム通いをしています。かみさんが通い始めたのと、少しは体を動かしたいなというのがきっかけで。平日は大体仕事で遅くなるので、土曜に2時間くらい行ってます。

主にやっているのはエアロビクス、エアロバイク、ウォーキングマシンなどの有酸素運動系のトレーニングとマシンを使った筋トレ。やっぱり汗をかくのは気持ちいいし、ストレス解消にもなります。

エアロビは女の人ばかりかと思っていたら、意外に男性もいます。今日受けたクラスは男性の方が多いくらいでした。

トレーニングは正しいやり方と、適切な負荷と組み合わせ(メニュー)が重要です。最近、ジムで上半身or下半身ばかりトレーニングした結果、片方だけムキムキになってチワワに「バランスを大切に」と言われるコマーシャルがありますよね。

英語学習もトレーニングという点では共通点が多いと思います。

間違ったやり方やバランスの悪いトレーニングをしていると、いくら時間をかけても、あまり力はつかないでしょう。もしくは偏った力がついてしまいます。

また、個人個人で最適なメニューは違うはすです。体を鍛えるトレーニングでも、性別、年齢、基礎体力、筋力、目的が違えば、全く同じメニューになることなんてありません。

英語上達完全マップは、いわば総合的な英語トレーニングの指南書であり、正しいやり方とメニューの組み方が書かれています。これを参考に、バランスよく各種トレーニングを組み合わせ、それを継続していくことが、最も効率のよい英語力のつけ方なんでしょう。

本当の理想は森沢先生のような名トレーナーに、自分に合ったメニューを組んでもらうことですね。以前紹介した7アクトでは、専属の英語トレーナーをつけるコースがあります。費用はそれなりにかかるようですが、それだけの価値があるのかもしれません。

英語ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-11-03

[書評]英語上達完全マップ

英語上達完全マップの本を読みました。



内容はサイトの内容+加筆部分となっています。新たに加わった部分は第2章英語トレーニング法の会話と、第3章トレーニングの進め方の目的・目標レベル別プランです。

どちらももちろんためになる内容です。しかし、加筆部分の割合は全体に比べればそれほど多くありません。サイトが本になった、ということですから当然です。

そのためアマゾンのレビューなどでも「サイトと大して変わらないので特に買う必要が無い」といった意見を見かけますが、それってどうなんでしょう。

私は最初に英語上達完全マップのサイトに出会ったとき、こんな貴重な情報がウェブという媒体で、無料で公開されていることにある種の感動を覚えました。実際に本になってみれば300ページにもおよぶ内容です。

もちろんウェブサイトで万人に公開されているものですから、それをどう利用するかは人の勝手です。しかし、少なくともこのメソッドに則り学習をし、恩恵を受けたならば、感謝の気持ちで本を購入するのが当然だろうと思います。

たった1470円です。世の中では情報商材と言って数万円の値段をつけて電子ファイルが売られているのに比べれば本当に安いものです。

自分さえよければいい、タダで利用できるものは利用する、という考える人が多いから極端な話、違法コピー、違法ダウンロードが横行するのでしょう。これは倫理の問題です。ただ、「感謝の気持ち」を無くしたらやっぱり人としてダメでしょう。

きっと森沢先生は、ウェブだけでなく本という媒体になることで、より多くの人にこのメソッドを知ってもらい、英語力を向上させてほしいという気持ちで出版されたんだと思います。この本が売れると、より多くの書店に置かれることになるわけです。

もちろん、ブログで英語上達完全マップにしたがった勉強を公開されている方はみなさん購入されているようです。

私自身の思い入れがあったため少々脱線してしまいましたが、このメソッドが広まり、1人でも多くの悩める英語学習者の救いとなればいいなと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005-11-01

[学習日記]やさビジは楽しい

2005/10/31 学習時間 計2.25h
----------------------------
<瞬間英作文 ステージ2>
内容:やっぱり英作文 Lesson7 SVCの構文(seg.4) (1周目)
時間:1.25h

<K/Hシステム>
内容:やさしいビジネス英語 vol.1 Lesson2-3,4
時間:1.0h
----------------------------

2005/10/30 学習時間 計2.5h

----------------------------
<瞬間英作文 ステージ2>
内容:やっぱり英作文 Lesson6 SVOの構文(2)(seg.3) (8-10周目)
時間:0.5h

<K/Hシステム>
内容:やさしいビジネス英語 vol.1 Lesson2-1~4
時間:2.0h
----------------------------

やっぱり英作文のセグメント3が終了しました。3セグメントで約1ヶ月かかりましたので、全セグメント(10セグメント)終わらせるのに4ヶ月くらいかかりそうな見込み。

これだと初めの方を完全に忘れてしまいそうなので、5セグメント終わらせた時点で一度復習をした方がいいかもしれません。

やさビジはLesson2の前半を終えて、後半に入りました。やさビジは、英語上達完全マップの音読パッケージ用教材としても推奨されており、K/Hシステムでもオススメ教材として紹介されています。

単語やイディオムも全然知らないものが結構出てくるし、決してやさしくはないんだけど、会話が生き生きとしているので、やってて楽しいんだと思います。つい早く先に進みたくなるんですが、焦りは禁物。音と意味の一体化までキッチリ仕上げていくよう心がけています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »