« [学習日記]瞬間英作文 セグメント1終了 | トップページ | [学習日記]音読パッケージ3周目 »

2005-05-17

[学習法]英語上達完全メソッドの前に

英語上達完全メソッドを始めて一週間がたちました。おかげさまで、このブログもたくさんの方に見ていただき、本日1000カウントに達しました。ありがとうございます!

もしかしたら、ここを見て、英語上達完全メソッドをやってみようかな、学習法に取り入れてみようかな、と思ってる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、一週間経ち、独学でこのメソッドを実行することの危険性を感じています。それは、音読の基礎ができていないままこのメソッドを実行しても、思うような効果が上がらないばかりか、むしろ逆効果になる可能性すらある、ということです。

これを避けるためには、メソッドを始める前に音読の基礎を作る訓練を2-3ヶ月した方がよいということです。「今更めんどくさいな・・・」「通じればいいんだよ・・・」私もかつて思っていました。一見回り道に見えますが、実はこれが英語学習の近道です。私がやった練習方法は”英語耳”の発音バイエルと、Parrot's Low、およびUDA式30音です。これについてはまた別の機会に書きたいと思います。

さて、メソッドを見てわかるように、音読パッケージにしても、瞬間英作文にしてもひたすら音読を繰り返すことになります。ここで重要なことは
(1)文の構造を完全に理解し、意味をイメージしながら音読する
(2)発音はもちろん、文中での息の強弱、スピード、間の取り方といったプロソディを丸ごと真似する

の2点ですが、これは音読の基礎ができていないと相当難しいことです。

人間は、基本的に一つのことにしか注意を向けられないと、私は思います。つまり、(1)に注意を傾けると、(2)がおろそかになり、逆もまたしかりです。実は、発音の基礎さえできていれば、(1)と(2)は本質的にはつながっていることなので、同時に気をつけられるのですが。

音読の基礎ができていない場合、どちらかのパターンにハマる可能性があります。
(A)自己流の発音で繰り返し音読を行うことで、悪いクセが身に付いてしまう
(B)発音に気をとられ、イメージができないまま音読し、結局効果があがらない

ここで、実際に瞬間英作文を実行されたというChieko-sanのページを紹介しておきます。
・私の英語、音読で英会話
http://plaza.rakuten.co.jp/native33/ (TOPPAGE)

こちらの”「中学英語で・・・」を取り組む期間について”から一部引用させていただきます。
-引用開始
(前略)
音読ですり込みをするので、
発音を勉強してから取り組まれることを
お薦めします。
その点、私は市橋本を自己流発音で取り組んでしまったので、
今になると、「失敗したな~。」と思っています。

正しい発音で、英語を身に付くまで音読したら、
かなり素晴らしい英語が喋れるようになっただろうに
と思うからです。
やっぱり、自己流発音での音読は「百害あって、一利なし。」
・・・は言い過ぎですが、害があることは確かです。
(後略)
-引用終了

引用部に関しては、もし承諾がいただけなければ削除します。(事後になってしまいますが・・・)※Chiekoさんご本人にご承諾いただけました。ありがとうございます。(5/19)

さて、えらそうにいろいろ書いてしまいましたが、私はと聞かれると、プロソディを含めた発音はまだまだ人に聞かせられるレベルではありません。しかし、発 音の基礎を作ったおかげで、自分の発音とお手本を比べて、どこが違うかはわかるようになり、聞きながら修正して近づけていけるようになっています。つま り、上達完全メソッドを続けていけば同時に発音もブラッシュアップしていけると確信しています。

私は、かつて発音の基礎ができていないまま、いろいろな英語学習法に挑戦して失敗した経験があり、もっと早くこれをやっていればな・・・と今でもすごく後 悔しています。なので、このブログを見てくださってる方に、同じ苦い経験をしてほしくないという一心で長々と書いてしまいました。うまくかけなかった部分もあり、伝えられたかどうか不安です。

最後になってしまいましたが、発音の基礎さえできていれば、このメソッドは本当に有効です!私も目標を達成できるよう、このメソッドで頑張っていきます。

<< 以下の英語ランキングサイトに登録中 >>

「みんなの英会話奮闘記」

”英語学習ランキングサイト”

|

« [学習日記]瞬間英作文 セグメント1終了 | トップページ | [学習日記]音読パッケージ3周目 »

「学習法」カテゴリの記事

「英語」カテゴリの記事

コメント

ブログを読んで、よい助言を頂いたと感謝しています。発音練習に対する考えが甘かったなと反省しております。Chiekoさんのブログも全部拝見して、今までの私は質より量というやり方になっていて、続けていたら後々その他の苦労が沢山出る結果になったかもしれないと、恐ろしくなりました。先輩方が作って下さった道筋を辿る形の方が、上達の近道だと思います。再度学習法を練るつもりです。

投稿: KIKKA | 2005-05-17 19:02

>KIKKAさん
発音の練習は、音素のレベルから、丁寧に、かつみっちりやるといいと思います。基礎作りには、2、3ヶ月あれば十分だと思いますので。
私の場合、もとが全然ダメだったので、練習するたびに発音が良くなっていくのが自分でもわかって、楽しかったですよ。
発音練習の過程をKIKKAさんのブログで拝見できることを楽しみにしています!

投稿: shoo | 2005-05-18 17:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104581/4160733

この記事へのトラックバック一覧です: [学習法]英語上達完全メソッドの前に:

« [学習日記]瞬間英作文 セグメント1終了 | トップページ | [学習日記]音読パッケージ3周目 »