« 英語耳 | トップページ | 英語が聞き取れないのは・・・ »

2005-05-05

My Humorous Japan

昨日、ボキャビルマラソンの今月分の復習を一通り終えて、Monthly testをやりました。さすがに復習しただけあって、わからないところはありませんでした。
復習してみて思いましたが、やはり復習は大切ですね。一度やったところなので、それほど時間がかからないわりに、知識の定着という点で効果が大きいような気がします。1ヶ月目のテキストも復習した方がいいかな。

今日はMy Humorous Japanの残りを読んでました。実は最初に2巻目を近所の本屋で見かけて購入し、面白かったので1巻目をアマゾンで購入したのです。その1巻目をさきほど読み終えました。

著者のPowleさんは、以前にNHK英会話講座を担当されていた方で、そのテキストのコラムをまとめて本にしたようです。日本のことや、自身の体験を、難しい単語や構文を使わずに、やさしい英語で記しています。ウィットに富んだ語り口や、Powleさん自らが描いた文中に挿入されている一コマ漫画のおかげで、飽きずに読めます。

ただし、書かれたのが1990年頃のバブル期なので、日本の経済は世界一であるとか、少し現在とは違うこともありますが、それほど気になりません。また著者が日本びいきであることが随所から伝わってくるのも、読んでいて楽しくなります。
生の英文を読みたいけど、ペーパーバックは少し敷居が高いという方にはちょうどいいのではないのでしょうか。エッセイなので時間が少なくても1話読めてしまいますし。

自分は今まであまりまとまった量の英文を読む機会はなかったのですが、2巻目を最初に読んだときと、1巻目を読み終えたときでは、明らかに読むスピードが上がってきたことが実感できました。わからない単語はページあたり平均2wordくらいですが、辞書はほとんど引いていません。
また、今までも読みながらぶつぶつ口だけは動かすようにしていましたが、試しに今日は音読してみたところ、全部とはいきませんが、ところどころストレートに頭に英文が入ってくる感覚が味わえました。これって少しは進歩しているということでしょうか?

同じ系統の本で"American Pie"という本を購入したので、読み終えたらまた感想をアップします。

|

« 英語耳 | トップページ | 英語が聞き取れないのは・・・ »

「書評」カテゴリの記事

「英語」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。私は35歳にして英語に突然目覚め、ブログを最近立ち上げたものです。

記事を興味深く拝見させて頂いております。TOEICスコア600点を獲得してらっしゃるので、勉強方法等を参考にさせていただきたいと思っております。

実は、私の目標が600点でして。この9月頃をめどに受験したいと考えております。実はまだTOEIC受けたことが無いのです。(一度事前にBridgeの方を受けてみようと考えてます。)

ただ本屋などで、問題集等を見ると勉強しなくてはならないことだらけだなと感じ、溜息をついてしまいますが。

おもしろい洋書などもこれからもどんどん、案内していただけると参考になります。

投稿: 海外移住希望者 | 2005-05-05 19:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104581/3992267

この記事へのトラックバック一覧です: My Humorous Japan:

« 英語耳 | トップページ | 英語が聞き取れないのは・・・ »