工事ー基礎

基礎工事ー16日目

11月に始まった基礎工事もとうとう完工を迎えた。

11/18に着工だったので、養生期間も含めて約1ヶ月かかったことになる。といっても、かなり天気に恵まれsun、いいペースで進んだようだ。

素晴らしい基礎を作っていただいた職人のみなさんに感謝したい。ありがとうございました!happy02

というわけで今日は完成した基礎を掲載したい。

P1030807

南西方向より。断熱ボードの黒と、コンクリの白のコントラストが美しいshine

P1030809

玄関ポーチと玄関土間になる。ポーチが予想以上に大きく立派!

P1030811

ここはリビング・ダイニング。横の部分とあわせて広さは約15畳。

P1030812

北側より。手前が食品庫(納戸)。奥がキッチン。

P1030813

勝手口の土間とポーチ。ここからゴミ出しをしたりする予定。

P1030814

浴室と、エコキュート設置用の土間コン。浴室は1616の普通サイズ。

P1030817

手前は押入れスペース。基礎から生えている白いホースは基礎蓄熱床暖房用で、その場所に専用の温水器が設置される。

P1030816

右側が来客用の玄関で、左側が家族用の玄関(サービスルーム)。奥が玄関ホールになる。

P1030810

最後に定点ポイントより。

いよいよ週明けからは大工さんが入り、上棟に向けての工事が始まる。

次第に家のカタチhouseが見えてくると思うと本当にワクワクする。楽しみ~~lovely

↓上棟の様子も見てみたい方は応援のクリックを↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

基礎工事ー15日目

今日は会社帰りに、先日打合せを行なった造園業者さんの事務所に寄って外構プランの打合せをしてきた。

今回が初のプラン提示だったのだが、私たちの希望がほぼ全て盛り込まれた素晴らしいプランだったhappy02

帰ってからまちぽんにプランを見せたところ、とても気に入ったよう。

近いうちに正式に契約してお願いするつもりだ。

さて、現場チェックだが、今日はあいにくの雨rain。現場を見て回ったら靴の底にべっとりと泥がついてしまった・・・wobbly

P1030789

玄関ポーチの土間コン打ちの準備と思われる。

P1030791

先ほどの土間コン用の鉄筋。

P1030792

こちらは建物の北側になる。手前がエコキュートの基礎、奥が勝手口のポーチになる。

P1030796

各部屋の排水口にパートナーのブログで説明されていた特殊なフタが設置されている。
これでいくら雨が降っても、キチンと排水されるはずだ。

P1030798

定点ポイントより。

P1030790

場内が整地されていてスッキリとしている。

一日中雨が降っていたので今日は結局、工事は無かったのだろうか?

↓ポチッと応援してください!↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

基礎工事ー14日目

今朝はまだそれほど冷え込んでいなかったが、来週は冬本番の寒さsadらしい。
いよいよフロントガラスも凍る季節かな。

P1030765

とうとう基礎の型枠が外れ、基礎が現れたhappy01

P1030766

玄関には砕石が敷き詰められている。今日あたり土間コンを打つのだろう。

P1030768

基礎のベースからの立ち上がり高さは約350mm。
それほど深くないので、建ってから床下に潜るのはきつそうだ。

P1030770

GLからは約400mm。これも設計図通り。

P1030771

捨てコンから測ると高さは650mmくらい。

P1030773

ここは勝手口になる。きっとここにも土間コンが打たれるはずだ。

P1030774

アンカーボルトの位置を見ると、きれいに一直線にならんでいる。
基礎の上になにやら黒い線が引かれている。土台が乗る位置だろうか。

P1030778

定点ポイントより。

P1030784

ゲーテ安心ボードの注意書き。
仕上げモルタルの施工と書かれている。どのタイミングで施工されるんだろう。

P1030786

久々のユンボ登場。仕上げに場内を整地することになっている。

↓ブログランキングに参加中!↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

基礎工事-13日目

恒例の出勤前の現場チェックeye

P1030748

養生のためかけてあったブルーシートが無くなって、一部の型枠が外された。

P1030749

ゲーテ安心ボードは基礎用の断熱材。ボードの手前に見えているのは灰色のフタは排水枡である。
昨日はどうやら外部給排水の工事が行なわれたようだ。

P1030751

建物を囲むように排水管が埋設されているのがわかる。

P1030756

基礎用排水管の上部が切り取られ、プールのように溜まっていた水が抜けている。

P1030759

立ち上がり部のコンクリ厚は150mm。

P1030760

きれいに並んだアンカーボルト。型枠が外れればもっとよく見えそう。

P1030763

南側よりリビングを眺める。

P1030764

定点ポイントより。
1日で型枠が全て外れると思っていたので、少し拍子抜けしてしまった。

全貌が見えるのは明日かな?happy02

↓ブログランキングに参加中!↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

基礎養生中・・・

今日は強い北風typhoonのせいで本当に寒い。群馬の冬の風物詩、からっ風というやつだ。

まだ、気温はそれほど低くはないのだが、北風がピューピュー吹いていると体感温度はかなり低くなるsad

早く床暖房完備のあったか~い新居houseに住みたいなぁ・・・。

現場はというと、基礎コンの養生中ということで進展はないのだが、気になって見に行ってみた。

P1030743

先週末の大雨rainのせいでブルーシートの所々に水がたまっていた。

P1030744

くぼんだ所に水がたまっている。

P1030745

よーく目をこらして見るとブルーシートに穴がsweat01

P1030746

ブルーシートをめくると、中はプール状態sign02

これ大丈夫なのか~coldsweats02ということで、担当のKさんに早速mobilephone

すると答えは「全く問題ありませんhappy01」とのこと。

聞けばブルーシートは直接雨がコンクリに当たって凹むことを避けるためで、ブルーシートの穴もわざと開けているそうだ。

コンクリの養生時にあえて水を入れる水養生というのもあるくらいなので心配いらないらしい。

また各ブロックの中央に設置されたビニール管は水抜きだそうで、完成前にはふさいでしまうとのこと。

Kさんの丁寧な回答のおかげで安心できたhappy02

P1030747

基礎コンとアンカーボルト。レベル出し用の釘は少し錆びている。

さて、いよいよ明日、ではなく、すでに今日は基礎の型枠が外れる。
早く全容が見たいなぁ~lovely

↓ポチッとしていただけると励みになりますヽ(´▽`)/↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

基礎工事-12日目 その3

12時前に現場に戻ってくると、生コン打設はほとんど終わっていた。

P1030684

各部屋の中心に出ているパイプは何だろう?
たしか、防湿シートを突き破って地面に刺さっていたはずだが・・・。

P1030688

奥に見えるリビングダイニングの打設がまだのようだ。
もう一台ミキサー車が来るはずとのこと。
昼食restaurantのため、現場を後にした。

P1030693

午後1時に現場に戻ると、すでにLDもきれいに打設され、ちょうどポンプ車が引き上げていくところだった。

P1030694

アンカーボルトもすでに入っており、どのように設置されたかは不明。
しかし、ほぼ中心に入っており、問題無いように見える。

P1030699

よく見ると、アンカーボルトの他にが入っている。これは一体・・・?

P1030702

職人さんたちが昼休憩を取った後、作業が再開された。

奥の方が角材を手に基礎の型枠の上を歩き、手前の方が三脚のような機械の上に設置されたレンズを覗き込んでいるeye

P1030715

レンズを覗き込みながら片手で何か指示している。

P1030721

指示に従って、角材を金づちでコンコンとたたく職人さん。

これは先ほどのアンカーボルトの他に埋められた釘を叩いていたらしい。
三脚のような機械は水平を取るための基準器で、正確に水平だしを行なっていたのだ。

P1030709

他の職人さんたちが袋の中身をドラム缶にあけ、水を入れて混ぜ始めた。
袋には「天端レベラー 基礎用天端仕上材」と書かれている。

P1030707

電動ミキサーで混ぜると、粉塵が巻き起こる。

P1030720

小さいバケツに移し、慎重に基礎の型枠内に流し込んでいる。
先ほどの釘を目印に流し込んでいるようだ。

P1030727

ちょうど釘の頭が見えるか見えないかの高さまで流し込まれた。

P1030731

天端仕上げの作業が終了。
基礎作りがここまで繊細なものだということを、実際に見て知ることができ本当に驚いた。

まだ濡れている基礎の表面が鏡面のようになって景色が写りこんでいる。
これまで丁寧に作業をしてくださった職人さんたちに感謝の気持ちで一杯である。

本当にありがとうございました~happy02

P1030735

養生用のブルーシートを広げて、全員で基礎にかける。
10m×10mくらいあるのかな?

P1030742

押さえの金具を上からはめて、脇を針金でしばっておしまい。
これで雨風対策はバッチリ。
やることに抜かりが無い。さすがですsign03

これで、中5日の養生に入る。8日に型枠を外しに来るとのこと。
出来上がりを楽しみに待つことにしよう。

↓ポチッとしていただけると励みになりますヽ(´▽`)/↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

基礎工事-12日目 その2

待つこと15分、ようやくポンプ車が到着したhappy01

P1030646

ちなみに、このポンプ車のレンタル料は原価で6万円ナリdollar

ある本では、ポンプ車は5万円くらいかかるけど、打設がスムーズに行なえるので是非使いましょう、と書かれていた。

P1030651

電線に引掛けないよう注意しながら慎重にクレーンを伸ばしていく。

P1030652

ホースの先が基礎の内部に届いた。

P1030658

ミキサー車をポンプ車に近づけて、いよいよコンクリの流し込み開始。

P1030659

ポンプ車の後ろに流し込まれた生コンは、文字通りポンプによってホースの先へと運ばれる。

P1030663

基礎工事の職人さんたち。
みなさん、きちんとヘルメットをかぶっている。安全第一good

P1030666

ホースを体に巻きつけて基礎の立ち上がり部に生コンを流し込んでいく。

手でホースの先を押さえて流し込む量を調節しており、かなりテクニックがいりそう。
また、かなりの重労働であることが見ていてわかる。

P1030676

土間と立ち上がりを一体成型するため、上から流し込んだ生コンがぶにゅっと下にあふれてくる。

これをうまく均しながら打設していく必要があり、難易度は高そう
職人さん曰く「土間と別に打った方が楽なんですけどねsweat01

しかしこの職人さんたちはパートナーの基礎を専門にやっているそうなので十分安心して見ていられるhappy02

P1030678

右側の2人の職人さんが、バイブレーターで振動を加えながら生コンを流し込み、残りの3人で、流し込んだ生コンをきれいに均していく。

コンクリの打設は時間との戦いだが、流れるようなチームワークで作業をこなしていく。スゴイshine

残念ながら、ここで子供の幼稚園の見学のため一旦現場を後にするdespair
戻ってくる頃には終わっているかな?

(その3に続く)

↓早く続きを読みたくなった方はポチッと↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

基礎工事-12日目 その1

今日は基礎のコンクリ打設なので、有休を取って立ち会うことにした。
予報通り、朝から抜けるような青空sunが広がっている。

現場に行く前にコンビニで差し入れの温かいコーヒーとお茶japaneseteaを購入。
それぞれ5本ずつ、いろいろな種類を入れてみた。

8時半に現場に到着すると、すでにミキサー車が一台来ていた。

P1030643

しかし、作業はまだ始まっていない様子。職人さんに挨拶をして差し入れを渡す。

話を聞くとポンプ車がまだ来ていないとのこと。渋滞にはまっているようだ。
コンクリが固まっちゃうのではsadと心配したが、冬で気温が低いので夏よりはマシらしい。

せっかくなので、打設前の状況を撮影camera

P1030638

定点ポイントより。昨日の朝とあまり変わっていないような・・・。

P1030639

バケツに入っているのは、アンカーボルト。
こういう風に置かれているということは、手植えなんだろうか?

P1030633

昨日の朝からの変化点は、角材が何本か渡されているのと、ドアにあたる位置にコの字の金具が入っていること。

憶測だが、床下点検口からもぐってどこへでも行けるように通路を確保しているのだろう。

P1030636

南から玄関方向を眺める。

P1030641

ポンプ車の到着を待ちわびる職人さんたち。

自分も心の中で叫んでいた。
「早く来ないと、コンクリが硬くなってしまう~shock

(その2に続く)

↓続きが読みたくなった方はポチッと↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

基礎工事ー10日目

いよいよ明日はコンクリ打設。
現場はどこまで進んでいるかな・・・eye

P1030616

定点より。立ち上がりの型枠と、白いホースが見える。

P1030612

白いホースは温水床暖房用。基礎のコンクリに埋もれてしまうため、今しか見れない。
ここは6畳の和室。

P1030615

ココは風呂場になる。風呂の下にもしっかり床暖が。

たしか、風呂の下は床暖ホースは配管しないと聞いた気がするけど・・・。
記憶違いかな?

P1030628

外部と接続する給排水管が見える。

P1030617

ここはリビングダイニング。
広さは約15畳なのだが、基礎で左側のスペースと2つに区切られている。

P1030621

鉄筋がキッチリと型枠の中心に来ている。

P1030622

LDから玄関ホールを眺める。
手前に見えるのはLDの一部。
奥のほうで斜めになっているのは家族用玄関の上がり口。

P1030624

鉄筋が200mmピッチなので、床暖のホースは400mmピッチで配管されていることになる。

P1030614

中央付近でホースが上に飛び出しているように見えるが、この位置に床暖用の温水器(エルパンナ)が設置される。

担当のKさんに聞いた話では、たしかこのホースは継ぎ目無く、一筆書きで配管されているとのこと。

なんだか雰囲気的にすぐにでもコンクリを流せそうな感じがするが、まだやることが残っているのだろうか?

明日は天気よさそうなので、絶好のコンクリ打設日和sunになりそう。楽しみだ~happy02

↓ブログランキングに参加中↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

基礎工事ー9日目

早朝5時半ごろに現場を見に行ったところ、夜明け前でまだ真っ暗despair

夕方、golf帰りに立ち寄ったらすでに本日の作業は終了しており、職人さん達はいなかった。

というわけで、今日は夕方撮影cameraした写真を掲載する。

つまり、昨日アップした記事からは2日分の作業が進んでいることになるので、タイトルも2日分進めた。

P1030573

基礎断熱材のゲーテ安心ボードが外周にぐるりと張り巡らされた。

P1030574

ゲーテ安心ボードは支えの鋼板と万力で固定されている。
すごい数の万力・・・。

P1030583

定点からの眺め。

P1030585

南から撮影。ここがちょうどリビングになる。奥がキッチンとパントリー。

お、板が渡されている・・・。せっかくなので、入ってみようhappy02

P1030590

北西の角を見る。角は浴室で、その手前が階段。左側の部屋が和室。
部屋の区切りの下に基礎がくるよう、立ち上がりの鉄筋が配筋されている。

P1030592

南西の方角。こちらは玄関とService Room(家族用玄関)。

P1030596

鉄筋部の拡大。

P1030598

全景。左の方に見える土の山は、やっぱり敷地内でならして処理可能なのだろうか。

パートナー担当のKさんによると、今のところコンクリ打設は今週の金曜の予定。
養生で1週間かかったとして、13日頃から土台引き。
何とか年内上棟には間に合うかというペースsign02

どうかsunが続きますように。

↓応援の1クリックを↓
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧