土地さがし

土地契約

8/11(火)

土地の購入契約の日。会社を定時に出て、C不動産へ向かう。手付け金は振り込み済みなので、必要なのは判子だけ。

重要事項の説明を受け、ローン特約条項が入っていることを確認して契約。住所と名前を書いて判子を押す。終了だ。

残金の支払い期日はとりあえず9月11日としたが、ローンの審査次第で、もう少し遅くなっても構わないとのこと。

契約完了ということで、ざっくばらんな雰囲気で社長さんと話をする。

土地について、入手した経緯を詳しく聞いたところ、下水道の負担金は前の地主さんが払っているから、払わなくてもいいということが判明。これももし払えば10万くらいかかる。

上下水道の配管の引き込みや土地の周囲のネットフェンスなどは、C不動産がやってくれるので、自己負担は水道加入金くらいのもの。これは残念ながら買主負担ということだった。あとは登記費用。

そう考えると、コミコミ価格というか、実質的にかかるお金を考えると、本当にいい物件に巡り会えたと思う。

社長さんの話では、同じ町内の同じ道路の並びで、3年かけて探して、やっと納得のいく土地を手に入れたお客さんがいたそうだ。それに比べて、私は実質、初日に見つかったのだから、本当に運がいい

実際に私のあとに、私の買った土地とその隣の2区画をまとめて売って欲しいという人が来たそうだ。

もちろん、私が買い付けを入れていたので、断ったとのことだけど、きっと社長さんとしたら、その人に2枚まとめて売りたかったんだろうなぁ。真ん中の土地は挟まれていることもあって、売りにくそうだし・・・。まぁ、早いもの勝ちなのでしょうがない。

また、社長さんのお隣が、偶然、ウチの会社の人であることが判明。私も仕事での付き合いがあって、知っていたこともあり、その話で盛り上がる。

この土地に住んだら、社長さんやそのお隣さんともご近所になるわけで、知り合いがいたほうが何かと心強いのは間違いない。

とにかく、これで今日から契約上は土地持ちになることが決まった。日曜の設計士Iさんとの打合せでどんなプランが出てくるか、楽しみにしていよう。

↓↓↓ ブログランキング参加中! ↓↓↓

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ クリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土地さがし (12)

8月1日(土)

朝一でC不動産に行き、H町の分譲地を購入したいと伝えた。その際に、フェンスをつけていただければ・・・と交渉したところ、すんなりOK。ラッキー

土地面積は測量後に確定した段階で、増減があれば金額は変動するとのこと。造成やら何やらで引渡しは1ヵ月後くらいになるらしい。

C不動産を後にして、J不動産に行き、他の土地に決めたので、N町の分譲地をキャンセルすることを伝える。

担当の方は、残念そうだったが、一生のことなので本当に気に入った土地が見つかったならそれに越したことはないです、と言っていただいた。

また、わざわざ直接言いに来ていただいてありがとうございます、とお礼まで言われてしまった。この人、本当にいい人だ・・・。

ということで、探し始めてからわずか1週間で土地が決まってしまった。

でも、もしH町の土地が出ていなかったら、N町の分譲地に決めていたかもしれない。あちらも決して悪い条件ではないのだ。現に1区画は発売と同時に売れているわけだし。

そういう意味では、土地というのは、本当に縁というか、タイミングなんだなぁ、としみじみ実感した。

これで土地が決まったので、次はローンと家のプランニング。まだまだこれからだ・・・!

↓↓↓ ブログランキング参加中! ↓↓↓

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ クリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土地さがし (11)

7月31日(金)

この日は有休で、朝から土地を見に行く。やっぱりH町は静かでいい。1時に建築事務所の営業Kさんと現地で待ち合わせ、早速H町の土地を見てもらう。

指摘されたのは、東側の隅にある電柱と、その支えのケーブルは取れないだろうとのこと。これは見落としていたが、問題は無さそう。

また、土地の周囲のフェンスの設置を不動産屋にやってもらうよう交渉したほうがいいとのアドバイスをもらう。これも気づいていなかったが、費用がかかることなので、もしやってもらえればラッキーだ。

土地の形状については、家のプラン次第で何とかなるとのこと。やはり角地で東側から採光できることが有利らしい。ともかくも「いい土地ですね」との感想をいただいた

次に一応、N町の分譲地も見てもらう。私の懸念事項には同感とのことで、予算が許すならH町のほうがいいのでは、と言われ、自分の中で決心がついた

次は設計士さんを連れて現地でプランについて話をしましょう、ということになり、お礼を言ってKさんと別れた。

その足で、J銀行にローンの件で相談に行く。ここは8月いっぱいのキャンペーンでかなり有利な金利を出しているとのことで、詳しい話を聞き、申込書をもらって帰ってきた。

↓↓↓ ブログランキング参加中! ↓↓↓

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ クリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土地さがし (10)

7/28(火)

仕事帰りに連絡を入れ、C不動産を訪ねた。応対してくれたのはこちらの社長さん。40代くらいで、比較的ソフトな感じの人だ。H町の分譲地についていろいろ話を聞く。

まず他に引き合いが来ているかどうか聞くと、まだ来ていなかった。ただし、週末に広告を出すとのこと。少しホッとする。

土地の由来についてだが、東京に住んでいる地主さんが、もう年になり、こちらで家を建てる予定が無くなったので、売りに出したのを社長さんが買い取ったとのこと。ずっと空き地だったらしい。

そして北側の空き地も、C不動産が買い取ってアパートを建てるらしい。そのため、北側の土地は既に地盤調査済みで、かなり良い結果が出たことを教えてくれた。

実際に調査結果のレポートを見させていただき、地盤の補強が必要無いとのことだった。ということは、隣地である分譲地も地盤が良い可能性が高いのでは!?

そして、社長さんも同じ町内のかなり近所に住んでいることが判明。この土地はいいと思って、以前から狙っていて、地主さんに声をかけていたそうだ。

周囲の住民について聞くと、散歩したりして話したこともあるけど、みなおとなしい人ばかりとのこと。やっぱり地方とはいえ、高級住宅街だからなぁ・・・と妙に納得。

この時点で、私の頭では「絶対に買い!」のマークが点灯していた。
「ぜひこの土地を予約したいんですが・・・」ということで、買い付け証明を入れた。

ちなみに社長さんが買ったころは、この辺りの土地は坪40万していたらしい。その頃だったら、絶対に買えなかっただろうな・・・。

条件については、給排水管の引込みや造成、周囲の土留めはC不動産でやってくれるとのこと。売主なので仲介手数料はかからない。諸費用があまりかからないのは、やはり嬉しい

次の日からH町の土地に関してリサーチ開始。まずは相場に対して高いのか低いのかを調べる。

他の不動産屋のサイトで、近所の物件を検索してみる。坪単価で見ると、ほとんどが同じくらいか、むしろ高めの強気の値付けが多い。

国土交通省の地価のページで、実際の取引価格が調べられるサイトを発見したので、検索をかけてみる。おっ、結構あるじゃん。ここ1年くらいの取引価格と比較しても、この土地は角地ということを考えれば、むしろ安いかもしれない。

次にネットで公開されている航空写真を調べると、30年前くらいは空き地もしくは畑のように見える。

さらに昔どのような土地だったかを知るため、かなり前に会社の先輩に借りた古地図の資料をまとめた本を見る。どうやらこの辺りは、ほとんどが畑だったようだ。田んぼだと地盤が緩いかもしれないので、これでまた少し安心する。

まちぽんは、元々H町の土地に好印象だったので、N町をやめてH町の分譲地にすることに異論は無さそうだ。まちぽんのお母さんも、土地は少し高くてもいい所を買うべきだ、と言っているそうだし。ということで、我が家のなかではH町の土地を買う方向でまとまってきた。

↓↓↓ ブログランキング参加中! ↓↓↓

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ クリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土地さがし (9)

7/27(月)

2つの分譲地を見終えた時点で、私としてはN町の分譲地に引かれていた。何と言っても、300万も金額が違うのは大きい。

とりあえず、本気で購入を検討する物件に出会えたので、依頼予定の建築事務所の営業Kさんに連絡を入れ、一緒に2つの土地を見てもらうことにする。

プロの眼で見てもらえば、素人にはわからない問題が見つかるかもしれないからだ。金曜(7/31)に有休が取れそうだと伝えると、都合が合うとのこと。

自分でも時間帯を変えて土地を見てみようと思い、会社帰りにN町の土地に寄ってみた。誰もいない分譲地に1人で立ってみると、前日の見学会とはまた違って、冷静に周囲を観察することができた。

南側の道路は夕方ということもあり、頻繁に車が行き交っている。もしこの角地に家を建てたら、駐車場はどのように配置したらいいのだろうか?車の出し入れを考えると、南道路からではなく、西の開発道路からが良さそうだ。だけど、西道路も将来的にはそれなりの交通量になるはず。うーむ・・・。

日常的に車を使うので、出し入れする度に気を遣うのはイヤだ。

今のアパートの駐車場は、敷地内の奥にあるので、その点では非常に恵まれている。もちろん敷地から出る際に左右を確認する必要があるが、交通量は少ないので怖い思いをしたことはほぼ無い。

それと、南道路を挟んで向かいにある工場も気になる。背の高い植木が道路側にあるので、見た目は悪くないが、日中は騒音等はそれなりにあるだろう。それにご近所さんになるわけで、果たしてうまくやっていけるのかどうかわからない。

また、近くの高圧線もだんだん気になってきた。

こうして、私の中でN町の土地に対する気持ちがだんだんしぼんできてしまった 第一印象は良くて一目惚れしたが、一晩たって改めて冷静に見るとアラが見えてきて、冷めてしまった。そんな感じである。

それと対照的に、H町の分譲地がどんどん良く思えてきた

まず車がほとんど入ってこないので、車の出し入れに全くストレスを感じることは無いだろう。タリのことを考えると、万が一道路に飛び出しても事故の危険性がほとんど無いというのは安心だ。特にタリは無鉄砲なところがあるし・・・。

H町の分譲地で気になる点は3つ。

1.価格が高い(予算を100万オーバー)
2.土地の形状が南北に細長い(約10m×25m)
3.道路の反対側の住民が古くから住んでそう

まず、1の予算については、何とか頑張れる範囲だ。2の土地の形状は、角地でもあるしプラン次第で何とかなりそう。3については、実際にどういう人が住んでいるのか知らないことには何ともわからない。

とにかく、C不動産に行って話しを聞いてみることにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土地さがし (8)

7/26(日) 前回からの続き

H町の分譲地へ着いた。

これから手を入れるとのことで、撤去予定の廃車が置いてあったり、草ボーボーで見た目はよくない。しかも区画の境界も無いので、広さのイメージもあまりつかない。
H_tochi_001

ただ、N町の物件と対照的にすごく静か。閑静な住宅街ってのはまさにこんなところを言うんだな。

ちなみに今のアパートの前は運送屋とスナックがあるので、お世辞にも閑静とは言いがたい。うちは2棟あるうちの奥側の棟なので、それほどは気になってないのだが。

気になる点は、比較的間口が狭く、南北に細長い地形であること。地形ならN町の方がいい。あとは価格。N町とは300万近く差がある

もし買うとしたら、東南の角地だ。南に9m道路もあるし、日当たりは申し分ないだろう。

それと、ここは現住所にかなり近く、車なら5分とかからない。生活圏が変わらないのだ。

まちぽんに感想を聞いてみる。

「ここいいね~」

結構気に入ったらしい。たしかにいい。でも高いよなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土地さがし (7)

7/26(日) 前回からの続き

N町の分譲地に着く。N町は自分のアパートからだと駅を挟んで反対側の地区だが、環境の良い住宅地で、小学校の学力も高いらしい。

真ん中の6mの開発道路を挟んで左右に5区画ずつにきれいに開発された分譲地で、思わず見とれる。ここ、いいなぁ。スーパーもすぐそばだし。

N_tochi_001_2

早速、担当の方に話を伺う。すでに1区画は予約が入っているとのことだが、角地ではない。理由は、南側の道路は交通量が多く、少しうるさそうなので中に入ったところにしたとのこと。

たしかに、スーパーの行き帰りの車が、結構な頻度で行き交っている。まぁ、高気密で建てれば、外の音はそれほど気にならないしなぁ・・・。

自分の希望条件は全て満たしていることもあり、本気で考えさせてくださいと言って、東南の角地に仮予約を入れた。

N_tochi_002

帰宅し、早速まちぽんに報告。

「かなりいい物件が見つかったよ~」

「へ~、どこ?」

「N町とH町で・・・」と物件の詳細を説明。

「今から見に行ってみる?」

「行きたい~!」

タリも連れて3人で再びN町の分譲地へ。4時前なので、説明会はまだやっていた。

「かみさんも連れて来ちゃいました」

「あ~、どうぞどうぞ。」

心なしか、担当の方も少し嬉しそう。差し出された冷えたドリンクをありがたくいただく。

周囲の雰囲気を知りたいので、3人で周辺を散歩する。すると、まちぽんが分譲地のすぐ隣に高圧線を発見した。

「これ大丈夫なのかな?影響とか無いの?」

「真上じゃないから、それほど気にしなくていいと思うけど・・・」

でも、ちょっと気になるな...。

ぐるりと周りを一周して、分譲地へと戻る。せっかく担当者がいるので、まちぽんにも気になることを聞いてもらった。やっぱり、南道路の交通量が気になるらしい。

説明会が終わる時間になったこともあり、お礼を言って現地を後にする。

「どうだった?」

「う~ん、悪くは無いけど、あ~、ここいい!って感じでは無かった」

なにぃ~、俺はかなりいいと思ったんだけど。

もう1つのH町の分譲地へ向かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土地さがし (6)

7/26(日) 前回からの続き

2軒目はC不動産

とりあえず店頭に張り出されている物件を眺めると、H町の分譲地が目にとまった。
H町は市内で指折りの高級住宅街だ。よって地価も高め。

あれ、Webで見たときこんな物件あったけな~?と思いつつ、店に入る。

応対してくれたのは、品のいい感じの40前後の女性。どうやらここの社長の奥さんらしい。

希望条件の紙を渡すと、「まだ出たばっかりなんですけど・・・」と言って、先ほどのH町の分譲地のチラシを手に説明してくれた。

南に9m道路の3区画の分譲地。しかも東に5mの歩道もある。1区画は約75坪なので、広さは問題なし。もちろん建築条件は付いていない。

しかも南道路は分譲地の前で行き止まりになっているので、車はほとんど入ってこないとのこと。

この土地かなりいいんじゃない?

唯一の難点は予算を100万程オーバーしていること。うーむ・・・。まぁ売主だから仲介手数料はかからないけどなぁ。

とりあえず現地を見てみたいと言って、チラシをコピーしてもらい店を出た。

もう一軒くらい回ってみようかと思い、店の近くを歩く。この辺りは駅前で不動産屋が集中しているのだ。

少し歩いたところにJ不動産があった。ここは自分がアパートを借りている不動産屋。ここでも店頭の物件を見てみる。

ほとんどがWebでチェック済みのものだったが、大きく張り出されたN町の分譲地のチラシを発見した。

10区画の新規分譲でなんと建築条件無し。これまでここの分譲地は条件付きが多かったので少しびっくり。

面積は広い方で約68坪なので、70坪にはちょっと欠けるけど十分検討対象。しかも、価格は十分予算内に入っている。

そしてチラシをよく見ると、今日、現地説明会をやっているようだ。4時までだから今から行けば余裕で間に合う。

これは行かねばなるまい、ということで、店内でチラシをもらってから、車で現地へと向かう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土地さがし (5)

7/26(日) 前回からの続き

K不動産を出ると、もう昼近かったので、うどん屋でまちぽんとタリと待ち合わせて昼食にする。

「とりあえず物件を2つ紹介してもらったので、見に行ってみる?」

「うん、いいよ。」

ということで、店を出て3人で物件を見に行く。

最初はW町80坪の物件。6m幅の道が4m位に狭くなった少し先にその物件があった。周辺は住宅街で、新しめの家もちょこちょこある。

車の中から土地を眺める。南側の家の壁がなんとなく圧迫感があるのと、全体的に囲まれ感がある。

「どうだろ?土地は広いよね・・・」

「うーん、そうだけど・・・」

なんとなく、ここは違うなという雰囲気があり、車から下りずにその場を去った。

当たり前だが、見取り図で見るのと、現地を見るのは全然違うということを痛感した。

次にS町の物件へ。ここは西道路だ。そして道路の向こうには工場がある。

ここも現地へ行ってみると、とにかく工場側のブロック塀の圧迫感がすごい。高さは2m位ありそう。せっかくの庭から、これを毎日見るのか・・・、と思った時点で却下。

周辺の相場より安く設定してある理由がわかった気がした。やっぱり土地に掘り出し物は無いんだなぁ。

ただ、帰り道にその土地の近くで、別の業者の分譲地を発見した。こちらは開放感もあり、すごくよさそう。立て看板の業者名をチェックしておいた。

再びうどん屋の駐車場で2人と別れ、2軒目の不動産屋へと向かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土地さがし(4)

7月26日、日曜日の朝、いよいよ本格的な土地さがしのスタートだ!

長い準備期間を経て、この人生の一大プロジェクトが始まったのだと思うと、やはり気持ちが高ぶってきた

いい土地の情報を優先して教えてもらうには、不動産屋との関係づくりがポイントとなってくる。

そのためには自分の足で不動産屋を回ってみて、よさそうな所に足繁く通うしか無いのだろう。

まずは一軒目のK不動産へ。しばし店舗のウィンドウに貼られている物件情報を眺め、ドアを開けて中へ入る。

「いらっしゃいませ。どのようなご用件ですか?」

迎えてくれたのは優しい感じの初老の男性で、こちらの社長さん。

「市内で土地を探しているんですけど・・・」と言って、希望条件をプリントしたペラ紙を渡す。

「ずいぶん探しているエリアが広いねぇ。びっくりしたよ。」

私の場合、エリアが絞りきれていないこともあり、ほぼ市内の市街化区域全域が対象なため、驚いたみたいだ。どうやら、多くの人は、ある程度絞って探しているらしい。

「実はここ最近、ほとんど土地が動いてないんだよね。」

なにぃ~ 本当だとすると、待っていてもいい土地に巡り合う可能性が低いってことじゃん・・・

地価がどんどん下がっているので、地主が売りたい値段と折り合わないらしい。

「でも、土地が安くなっているから探しているお客さんは結構いるよ。」

じゃあ、ライバルは多いってことか・・・。

「これなんかはどう?」

渡されたのはW町にある80坪の物件。東道路の細長い土地を2区画に分けたうちの道路側だ。奥の土地が旗竿状になっているため、南側にも通路がある。見取り図では、かなり良さそうに見える。値段も予算内に収まっている。

「結構よさそうなんですけど、何で残っているんですか?」

と聞くと、この土地にまつわる話をいろいろしてくれた。

何でも20年以上前に、社長さんが手がけた土地とのこと。最近、相続がらみで売り出してから一旦買い手がついたものの、資金計画が破綻して白紙に戻ったことを教えてくれた。

さらに、こちらから何も言ってないのに、もっと値引きできると言ってきた。

本当だとすると、これは掘り出し物かも・・・。

さらに社長さんは、別のS町の物件を紹介してくれた。これはまだチラシも刷っていないということで、住宅地図をコピーして場所を教えてくれた。

ここはスーパーや小学校も近く、狙っていた場所の近くだ。ただ気になるのは、工場と道路を挟んで隣接していること。社長さんはしきりに、周辺の相場より安いことを強調していた。

他にも下水の話を質問したりして、小一時間くらいいただろうか。社長さんに礼を言って店を出た。

初めての訪問だったが、好感触だった やはり、ここには通う価値がありそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧