« ショールーム見学 | トップページ | ホームセキュリティ »

内装の仕様を決める

10/5(月)

遅めの夏休みで、今週は休みのため、平日だがパートナーの事務所で10時から打合せ。

今日は内装関係の色などを決める。

まず壁と天井は全てチャフウォールで統一。書斎だけはやや落ち着いた色合いのものを選んだが、それ以外は全て白。これなら材料も無駄なく使える。

和室も当初はラミ天という、合板に木目がプリントされたものが入っていたが、洋風畳敷きの部屋にするという方針なので、チャフウォールに変更した。

フローリングはバーチの無垢材で変更無し。

これは本来は結構お高いものらしいが、パートナーではほとんどのお客さんがこれを使うということで、大量仕入れで安く使えるとのこと

キッチンやトイレの床はタイル張りにするので、その色を決める。

タイルはスペイン産で、焼き方で色がかなり変わってくるらしい。味があってなんだか楽しい。結局赤みがかかった色を選んだ。

気になっていた和室とLDの間の引き戸も44という、デザインされた扉にすることができた。

一通り、色決めが終わったところで、自分が作った配線計画の内容を設計士Iさんに説明していく。

Iさんには「よくここまでのものが書けますね。専門ですか?」と言われた。

まぁ仕事が回路設計なので、近いといえば近いかもしれない

時間が無いので、かなり速いペースで説明をしていく。Iさんにはなんとか理解してもらえたようだ。

ただし、現場の電気工事をする方にまた説明をしなければならず、私が直接説明したほうがいいのでは、と言われた。

私も自分が家づくりに直接参加したいと思っていたところだったので、喜んで引き受けた。

現場でのチェックも是非、自分でしたいと思う。

気がつくと既に1時近くになっており、あっという間に3時間が過ぎてしまった。

自分は我が家のことなので苦にならないが、仕事とはいえぶっ続けで打合せに付き合ってくれたIさんに感謝、感謝

|

« ショールーム見学 | トップページ | ホームセキュリティ »

設計」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 内装の仕様を決める:

« ショールーム見学 | トップページ | ホームセキュリティ »