« 土地の決済 | トップページ | 内装の仕様を決める »

ショールーム見学

10/3(土)

今日はショールーム周りの日。パートナーのKさんと一緒に川越にあるショールームに行く。

最初はクリナップ。キッチンとユニットバスを見に行く。

リフォーム関係のイベントをやっていることもあり、ショールーム内はかなり混雑している。

キッチンは有名なクリンレディ。パートナーの標準仕様に沿って説明を受けていく。

まちぽんは、行く前はワークトップを人造大理石にしたいと言っていたが、実物を見て、使い勝手も考えるとステンレスでいいかな、と言い出した。

たしかにシンクがステンレスなので、ワークトップだけ変えると継ぎ目ができてしまい、その部分に汚れが溜まりそうだ。

ステンレスのワークトップならオプション費用がかからないこともあり賛成した。

それと、引き出しの取っ手も最初はライン取っ手にしたいと言っていたのだが、やはり使い勝手のいいハンドル型になった。

とにかく料理の準備はスピード命!とのこと。(まちぽん談)

この辺りは、やっぱり実物を見てみないとわからないことだ。

次にバスルームを見る。標準仕様で組まれているのはhairo(はいろ)

見た目はシンプルそのものだが、特にフリーテーブルプランは子育て世帯にはすごく使い勝手がよさそう。

また、壁はグレードの高いものが標準に組み込まれているということで、嬉しい誤算
浴槽はイエローにし、壁は一面だけデザインのついているものにした。

これでクリナップのショールームを後にし、トステムのショールームに向かう。

トステムではバスルームと玄関ドアだ。

バスルームはラ・バスが選べるようになっていて、実物を見ながら色などを決めていく。

hairoとは対照的に、見た目は高級感がある。標準仕様でも浴槽が人造大理石になっていたりと、内容的にもグレードが高い。

どちらにしようか、かなり迷う まだ決めるのは先でいいみたいなので、じっくり考えよう。

玄関ドアは有名なカザスというカードキーのシステムを見た。これいいなぁ・・・。でも、トステムのドアを買わないとカザスにはできないらしい

トステムのドアは本物の木そっくりだけど、木じゃないんだよなぁ。メンテナンスは楽そうだけど、愛着がわかないかも。

ということで、やっぱり玄関ドアはパートナーの標準に組み込まれている本物の木のドアにすることに決めた

以上でショールーム周りは終了。なかなか面白くて、あっという間に時間が過ぎた感じだった。

|

« 土地の決済 | トップページ | 内装の仕様を決める »

設計」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ショールーム見学:

« 土地の決済 | トップページ | 内装の仕様を決める »