« 地盤調査の結果が判明! | トップページ | 最終打合せ、の一歩手前 »

モダンな襖

10/17(土)
パートナーの事務所で打合せ。

タリも保育所に慣れたのか、今日は預けるときに泣かないで、自ら部屋に入っていったらしい。えらいぞ!タリ!

事務所ではKさんと、設計士Iさんが待っていた。

まず、Kさんから地盤調査の報告書が手渡された。

昨日、結果を聞いて大丈夫なことはわかっていたので、確認程度に中を眺める。

正直データを見ても、なぜ大丈夫だったのかはよくわからないが、結果のところにはベタ基礎で大丈夫だと書いてある。

専門家が出してくれたのだから信じるしかない。地盤保証も付くわけだし。

打合せでは内装の細かいところを決めていった。

まず変更点として、2階のトイレの床をタイルにしてもらった。

やっぱり木だと染み込みそうだし、いろいろ気をつかいそうなのが理由。差額も5000円くらいなのでタイルの方がいいかと。

それからキッチンの壁はタイルではなくキッチンパネルに変更した。

これもタイルの目地が汚れるのが嫌というまちぽんの意見で。

キッチンメーカーの物は高いらしいので、アイカという会社のアイカセラールというパネルを使うことにした。

コストは張り賃込みで6万くらいなのでタイルとそれほど変わらなそう。

それから2階の洗面所のタイルはその場でカタログを見ながらよさそうなものをチョイス。

あとはキッチンカウンターの幅とか、カウンター下の造作収納など。

最後にLDと和室の間の引き戸のデザインについてIさんから提案があった。

前回に、他の部分と同じように44というデザインのドアにしてもらったのだが、それだとドアの幅が決まってしまい、開口部が狭くなってしまうとのこと。

ここは当初、襖というプランだったのだが、自分もまちぽんも襖というと実家にあるような昔ながらのものしか思い浮かばず、抵抗があり変えてもらった経緯がある。

しかしIさんがサンプル集を手に、最近は結構モダンなデザインの襖があるんですよ、というので見てみると、たしかにオシャレだった。

まちぽんもこれならいいかも、ということでIさんオススメの中からチョイス。

結局和室の収納の開き戸も全て襖にしてもらった。

天井はチャフウォールの吹きつけなので、モダンな感じの和室になりそう。できあがりが楽しみだ~

これでデザインが関係する話は収束し、次回以降は主に予算の話になるとのこと。

なので、次はまちぽんとタリは留守番で、自分だけで打合せに来ることになった。

保育料も1回五千円くらいかかるので、少しほっとした。

|

« 地盤調査の結果が判明! | トップページ | 最終打合せ、の一歩手前 »

設計」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モダンな襖:

« 地盤調査の結果が判明! | トップページ | 最終打合せ、の一歩手前 »