« 同期の家 | トップページ | 土地契約 »

設計士さんとご対面

8/9(日)

測量が終わったとのことで、朝一でC不動産に行く。土地面積の実測は見積もりより1坪近く多かったが、追加の清算は不要とのこと。ありがとう、社長さん!

重要事項説明書と契約書のコピーをもらい、契約は11日の友引にした。手付け金の100万は事前に振り込むことに。現金でそんな大金を持ち歩くのは怖いもんね・・・。いよいよこの土地を買うという実感が湧いてきた。

午後からは、建築事務所の営業Kさんと設計士さんとで、現地で打合せ。土地はちょうど造成を行なっているところだった。重機の音がかなりうるさい。

紹介された設計士さんは、事務所の社員ではなく、外部で設計事務所をやっているIさんという人だった。つまり外注。営業Kさん曰く、「ウチの設計士より、いい仕事しますよ」とのこと。年は40代半ばくらいで、頼りになりそう。

こちらの要望を一通り伝えたところ、何とか40坪以下には収まるのでは、とIさん。Kさんとしては、予算内に収めるためには40坪は超えたくない雰囲気だった。

あと、Kさんから水道のメーターについて不動産屋に確認しておくように言われた。これも金がかかる。

図面を引くのに一週間欲しいとのことで、来週16日に事務所で打合せをすることになった。タリを連れて行くと、全く落ち着いて打合せできないので、何とかしないとなぁ。

そこからさらに一週間くらいで詳細見積もりが出せるので、そこで当社に建築を依頼できるかどうか判断できるでしょうと、Kさん。

私の気持ち的にはもう決まりなんだけど、この建築事務所はあくまでも控えめというか、ガツガツしていないというか。それが安心できるところではある。

反対に契約第一で、とにかく早く判子を押させようとするようなビルダーは絶対イヤなので。

↓↓↓ ブログランキング参加中! ↓↓↓

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ クリックお願いします!

|

« 同期の家 | トップページ | 土地契約 »

設計」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 設計士さんとご対面:

« 同期の家 | トップページ | 土地契約 »