« 土地さがし (3) | トップページ | 土地さがし (5) »

土地さがし(4)

7月26日、日曜日の朝、いよいよ本格的な土地さがしのスタートだ!

長い準備期間を経て、この人生の一大プロジェクトが始まったのだと思うと、やはり気持ちが高ぶってきた

いい土地の情報を優先して教えてもらうには、不動産屋との関係づくりがポイントとなってくる。

そのためには自分の足で不動産屋を回ってみて、よさそうな所に足繁く通うしか無いのだろう。

まずは一軒目のK不動産へ。しばし店舗のウィンドウに貼られている物件情報を眺め、ドアを開けて中へ入る。

「いらっしゃいませ。どのようなご用件ですか?」

迎えてくれたのは優しい感じの初老の男性で、こちらの社長さん。

「市内で土地を探しているんですけど・・・」と言って、希望条件をプリントしたペラ紙を渡す。

「ずいぶん探しているエリアが広いねぇ。びっくりしたよ。」

私の場合、エリアが絞りきれていないこともあり、ほぼ市内の市街化区域全域が対象なため、驚いたみたいだ。どうやら、多くの人は、ある程度絞って探しているらしい。

「実はここ最近、ほとんど土地が動いてないんだよね。」

なにぃ~ 本当だとすると、待っていてもいい土地に巡り合う可能性が低いってことじゃん・・・

地価がどんどん下がっているので、地主が売りたい値段と折り合わないらしい。

「でも、土地が安くなっているから探しているお客さんは結構いるよ。」

じゃあ、ライバルは多いってことか・・・。

「これなんかはどう?」

渡されたのはW町にある80坪の物件。東道路の細長い土地を2区画に分けたうちの道路側だ。奥の土地が旗竿状になっているため、南側にも通路がある。見取り図では、かなり良さそうに見える。値段も予算内に収まっている。

「結構よさそうなんですけど、何で残っているんですか?」

と聞くと、この土地にまつわる話をいろいろしてくれた。

何でも20年以上前に、社長さんが手がけた土地とのこと。最近、相続がらみで売り出してから一旦買い手がついたものの、資金計画が破綻して白紙に戻ったことを教えてくれた。

さらに、こちらから何も言ってないのに、もっと値引きできると言ってきた。

本当だとすると、これは掘り出し物かも・・・。

さらに社長さんは、別のS町の物件を紹介してくれた。これはまだチラシも刷っていないということで、住宅地図をコピーして場所を教えてくれた。

ここはスーパーや小学校も近く、狙っていた場所の近くだ。ただ気になるのは、工場と道路を挟んで隣接していること。社長さんはしきりに、周辺の相場より安いことを強調していた。

他にも下水の話を質問したりして、小一時間くらいいただろうか。社長さんに礼を言って店を出た。

初めての訪問だったが、好感触だった やはり、ここには通う価値がありそうだ。

|

« 土地さがし (3) | トップページ | 土地さがし (5) »

土地さがし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土地さがし(4):

« 土地さがし (3) | トップページ | 土地さがし (5) »